AOMORI GOAL

最新号を今すぐ購入する

年間購読でプレゼントをゲット!

  • VANRAURE
  • ReinMeer
  • Blancdieu
  • 思い出フォト

AOMORI GOAL Facebook

県内のサッカーに関する様々な情報をいち早く発信!

抗菌研究所

みやきん

JAアオレン

NEWS&TOPICS

高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第16節 青森山田高校vs鹿島アントラーズユース

[DATE] 2016年11月28日(月)
11月27日(日)、青森山田高校グラウンドにて高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第16節が開催されました。

高校選手権県大会のため長い中断期間を挟み、約1ヶ月半ぶりに再開されたプレミアリーグ。前節終了時点で単独首位と好調な青森山田の今季最後のホームゲーム、そして対戦相手は十和田市出身の熊谷浩二監督率いる鹿島アントラーズユースということもあり、ホームでは今季最多となる800人の観客がこの試合の行方を固唾を呑んで見守りました。

前半、青森山田は立ち上がりこそやや硬さが見られたものの、相手の攻撃をシュート0本にしのぐと攻勢に転じ、何度も決定機を作り出しますが、決めきることができないまま0-0で折り返します。
すると62分、先制したのは鹿島アントラーズユース。攻め続けるもなかなか相手ゴールをこじ開けることができない青森山田は、試合終盤にはGK①廣末陸選手も前線に上がって1点を取りに行く執念を見せましたが、そのまま0-1で惜敗。勝点2差で青森山田を追っていたFC東京U-18が勝利したため、順位も入れ替わる結果となりました。

試合後、開口一番「ただただ悔しい」とこぼした黒田剛監督。「前半硬かったのと、サイドチェンジで揺さぶりをかけることができなかった分、相手が体力を消耗せず、綻びを生じさせることができなかった。もったいないゲーム」と試合を振り返りました。
怪我から復活し、プレミアリーグでは6試合ぶりに先発に復帰したFW⑪鳴海彰人選手。
試合後は「点を決めてチームに貢献することができなかった」と悔しさを滲ませるも、「あと2勝すれば優勝なので、頑張っていきます」と前を向きました。
21日に行われた第95回全国高校選手権の組み合わせ抽選会で、開会式での選手宣誓が決まったキャプテンのMF⑥住永翔選手。「3年生の集大成の大会なので、組み合わせも決まり、すごく思うところはあるんですけど、今は『まずはプレミアのために』という思いが強いです」と、残り2試合となったプレミアリーグに意識を集中させていました。

「勝たなければいけない試合でした。失点の仕方も、この試合の前に練習でも結構やられていた形ではあったので、そこを改善しきれなかった自分たちの責任だと思います。
 守備でのクロスへの対応だったり、セットプレーでも、もっと失点をしないということを頭に入れないといけないなと思います。味方の人数が多くいても実際は相手についていなくて、誰が誰につくのかというコーチングや、ボールが入ってきてもいいような対応を、もっと先手先手でしなければいけませんでした。一人ひとりが『これでいいだろう』と思わずに、学年に関係なく、ピッチに入ったらもっと責任感を持って真剣に取り組まなくてはいけないと思います。
 次節対戦するエスパルスには前期ホームで勝っている(第5節 3-0)ので、苦手意識はないと思いますが、(今日の試合のように)8位のチームに負けるということは、その上のチームにも苦戦するのは当たり前だと思っています。勝つために、まずは先制点を取って、先手先手で試合を進めていくことが大切だと思うので、この一週間しっかり集中して取り組んでいきたいです。
 残り2試合に懸ける思いを、ピッチの上で表現しなければいけない。『何が何でも勝ってやる!』という強い気持ちで、勝ち切りたいと思います」


高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第17節
12月4日(日)11:00~  清水エスパルスユースvs青森山田高校
 @清水ナショナルトレーニングセンター(J-STEP)

NEWS&TOPICS一覧へ

BACK NUMBER