AOMORI GOAL

最新号を今すぐ購入する

年間購読でプレゼントをゲット!

  • VANRAURE
  • ReinMeer
  • Blancdieu
  • 思い出フォト

AOMORI GOAL Facebook

県内のサッカーに関する様々な情報をいち早く発信!

ウェブ連載コラム

みやきん

JAアオレン

NEWS&TOPICS

先日発売されたVOL.44からチーム取材特集ページを掲載します!

[DATE] 2017年02月28日(火)
59回目を迎えた青森県中学校サッカー秋季新人大会で、栄えある優勝を飾った青森山田中学校。その青森山田中学校と決勝で相対したのが、今回取材をした市川中学校の面々だ
「次は青森山田に勝ちたい」と彼らは口を揃えていう。昨秋の雪辱を果たすために、日々練習に打ち込む彼らの姿を見守るのが佐藤浩一監督。

「まだまだ行動が伴っていないので、(打倒青森山田を)本気でやれるのかということを、常に子どもたちに伝えていきたいと思っています」

そう気を引き締める佐藤監督は大阪府の出身。青森に来たのは2年前。北海道と北東北3県の教員交流事業で、市川中学校に赴任することになったのが、青森県と関わるきっかけだった。

「最初はあまり青森のサッカー事情を知らなくて」と苦笑する佐藤監督は、赴任と同時にサッカー部の顧問として、子どもたちを指導するようになる。

チームのコンセプトは「走り勝つ」「前からプレスをかけて、高い位置でボールを奪う」「ボールを持っていないときにいい動き出し、準備をすること」と、常にハードワークをすることで勝利を目指す。

サッカー以外の生活面では、「礼儀、時間、友情の3つを大事にしようと取り組んでいます。あとは常に感謝の気持ちを忘れないこと」と、ピッチ内外で子どもたちに真摯に接する。
練習は週6回、土日も交えて行われる。そのほか地域貢献にも積極的なのが佐藤監督の指導法。

「学校の近くにダイハツスタジアムができたので、たびたび雪かきのお手伝いをしに行っています。以前から練習でピッチを使わせていただいているので」

このような活動も行いつつ、日々子どもたちに接している佐藤監督だが、その際気をつけていることがあるそうだ。

「言葉のかけ方、使い方には気をつけています。いまは発した言葉が与える影響のプラスとマイナスの振れ幅が大きいので」

多感なこの時期の子どもたちに対する優しさが垣間見える。さらに自身の経験から、ベンチを温める子に対しての心遣いも忘れない。

「小中高大とサッカーを続けてきましたが、高校と大学ではほとんど試合に出られなかったんです。だから試合に出られない子の気持ちがわかる。でも自分はサッカーを続けてきていい経験ができた。いまは出られなくても、続けていればいいことがあるんだということを、この経験から伝えていきたい」

最近までまったくといっていいほど、青森県とは縁のなかった彼が語る子どもたちへの思い。

しかし、時間は有限だ。
「いつかはわかりませんが、(交流期間の終了によって)最終的には岩手の方に戻ります。それが今年なのか、来年なのか、再来年なのか———」
「ここで指導を始めて、子どもたちは結果を残してくれて、本当に嬉しくて。今年の中体連ではいままでの集大成を出したいなと思っています」

より一層の奮起を誓う佐藤監督には大きな夢が。

「やっぱり教え子がJリーガーに、ですね」

市川中から未来のJリーガーは現れるのか。そのいつかの日を、編集部は期待している。



*選手へのインタビューや取材時に撮影した写真を合わせて掲載した完全版は、発売中の青森ゴールVOL.44に掲載しています。ぜひ誌面にてご確認ください。
→→http://www.aomori-goal.com/buy/

青森ゴールVOL.44、その他の内容はこちらへどうぞ→http://www.aomori-goal.com/info/?sc=170217_180908
青森ゴールは青森県内の書店、スポーツ店、コンビニエンスストア、ユニバース全店で購入できます。
県外にお住まいの方やバックナンバーをお求めの方は、青森ゴールHPから購入できますのでぜひご覧ください。
http://www.aomori-goal.com/buy/

NEWS&TOPICS一覧へ

BACK NUMBER