AOMORI GOAL

最新号を今すぐ購入する

年間購読でプレゼントをゲット!

  • VANRAURE
  • ReinMeer
  • Blancdieu
  • 思い出フォト

AOMORI GOAL Facebook

県内のサッカーに関する様々な情報をいち早く発信!

抗菌研究所

みやきん

JAアオレン

NEWS&TOPICS

発売中の青森ゴールVOL.44 特集”県出身者たちの活躍を探る”から帝京長岡高校-木村勇登-編を掲載します!

[DATE] 2017年03月06日(月)

激しい浮沈を繰り返し、その先にあったかけがえのないもの そして挑戦は続く

木村勇登が帝京長岡への進学を決めたのは、中学3年時に所属していたチームの新潟遠征で、同校の練習に参加したことがきっかけだった。

 「小塚和季選手(現レノファ山口FC)の裏をかくプレーとか、ショートパスでしっかりゲームを作っていくスタイルを見て、ここでやりたいなと思いました。声をかけてもらったのもあって、長岡への進学を決めました」

 青森県出身の彼が中学生時代に所属していたのが「ディッセンボルバー FUT」。テクニックを重視した指導方針で鍛えられた彼のプレースタイルは、帝京長岡のプレースタイルにマッチするかに見えた。しかし、事はそう上手くは運ばなかった。
 
「1年の春からプリンスリーグにも出させてもらっていたんですが、少しずつチームスタイルの中に自分のプレーを落としこめなくなって、夏には一番下のカテゴリーまで落ちてしまいました」

 ポテンシャルはあったが、怪我もあり徐々に調子を落とした木村。急激な環境の変化に腐ってもおかしくなかっただろう。しかし彼は「死に物狂い」の努力を重ね、冬には選手権メンバー入りを懸けた合宿に参加するまで這い上がった。そんな激動の1年目を過ごした後、彼は2年の秋からトップチームに定着。存在感を示し始める。その冬には最上級生として新チームを引っ張る立場にもなったのだが、ここでも試練が訪れた。


(続く)
 

発売中の青森ゴールVOL.44に加筆・修正を加えた完全版を掲載しています。
ぜひ誌面にてご確認ください。
http://www.aomori-goal.com/buy/
青森ゴールVOL.44、その他の内容はこちらへどうぞ→http://www.aomori-goal.com/info/?sc=170217_180908

青森ゴールは青森県内の書店、スポーツ店、コンビニエンスストア、ユニバース全店で購入できます。
県外にお住まいの方やバックナンバーをお求めの方は、青森ゴールHPから購入できますのでぜひご覧ください。
http://www.aomori-goal.com/buy/

NEWS&TOPICS一覧へ

BACK NUMBER