MENU

メニューを閉じる
TOP
年間購読の
ご案内
ご購入
次号予告
バックナンバー
取り扱い書店
スポンサー
青森県
大会情報
青森県大会情報
> 一覧ページ > 1種(社会人) > 1種(大学・高専) > 2種(高校生) > 3種(中学生) > 4種(小学生) > 女子 > キッズ > フットサル > イベント(協会・その他)
コラム
> ウェブ掲載コラム > 大学サッカー通信 > フリースタイル
関連リンク
編集部
お問合せ

NEWS&TOPICS

NEWS&TOPICS

プレミアリーグホーム開幕戦を戦った青森山田のマッチレビューと試合後のコメントを掲載します!

2017年04月17日
先週、ついに開幕した高円宮杯プレミアリーグ2017。
昨季のプレミアリーグ覇者・青森山田は、浦和レッズユースとの第1節に敗れ黒星スタートとなった。
青森山田は昨日、巻き返しを図るために、市立船橋高校をホームで迎え、第2節を戦った。



前半、市船の猛攻が青森山田を襲う。
市船は両サイドバックを押し上げ、前線に5トップを作り出すと、快速FW㉗松尾勇佑にボールを集めて青森山田を押し込んでいく。
青森山田はこれに中盤の両翼を下げ、6バックのような形で対応。
幾つかのピンチをしのぎながら反撃の機会をうかがう。
試合が動いたのは、前半終了間際の45分だった。
ペナルティエリア付近、左手前からのFKに⑩郷家友太が飛び込みゴール。
エースが苦しい展開を逆転させる大仕事をやってのけた。
結局このゴールが決勝点。後半も集中した守備で対応した青森山田が、虎の子の一点を守りきり、今季リーグ戦初勝利を挙げた。



[青森山田 1-0 市立船橋]

[得点]
45分 郷家友太(青森山田)
この試合で光ったのが、前線を含めた選手たち11人の守備対応だった。
誰もが守備時に走りきる姿勢を崩さなかった集中力が、青森山田に勝ち点3を呼び込んだ。
黒田剛監督(高校選抜の監督として渡独中)に代わりチームを指揮した正木昌宣コーチが、ベンチから試合を通して選手へ的確に修正点を伝え続けた姿勢も勝因の1つだろう。

そしてもう1つ、⑪中村駿太の活躍にも触れたい。
重心を低めに置いた戦いにおいて、前線では精力的にボールを追いかけ、ボールが来るとみるや、必ず前を向こうと仕掛ける中村の存在は、市船にとって相当厄介だっただろう。
郷家の得点を生んだFKを獲得したのは中村だった。
数的不利でも前を向く技術とメンタルを兼ね備えた彼の存在は、今後さらに重要になっていく。



以下、試合後のコーチ・選手のコメント
正木 昌宣コーチ

選手たちが、チームのやるべきことを立ち上がりから徹底して、苦しいゲームでも集中力を切らさないでやってくれたので感謝しています。
初戦も決して悪い流れではなかったんですけど、やはりプレミアリーグ独特の緊張感ですとか、一瞬の気の緩みで、ああいう風に一気に3点も取られてしまうということを学びました。
自分たちが変わらなきゃダメだと、みんなで一致団結して、前回の反省を生かしてやりきったのが今週の勝利だと思っています。
長いリーグですので、今日の良かったところの確認、継続、悪かったところの反省、改善というところを、次の大宮アルディージャユース戦までに詰めること。
コンディションをもう一度戻してやれるようにしたいと思います
小山内 慎一郎 選手

プレミアリーグで唯一の高体連同士の試合だったので、絶対に負けられないという気持ちがありました。
走力の部分などで勝てたことが、勝因かなと思います。
(前節の開幕戦では)2点先行して3点取られる守備の甘さがありましたが、今日はチームの約束事、コンセプトの徹底ができました。
1点取って失点0で勝ち切るというゲーム運び、失点しないというコンセプトを守ることができたので良かったと思います。
正木さんのためにも勝利をあげたかったので、良かったです
郷家 友太 選手

初戦を落としていたので、正木さんに勝利をあげられたので嬉しかったです。
後半にもう1点欲しかったですが、無失点でいけたのでディフェンスラインに感謝しています。
今年のチームの能力は去年に比べたら落ちますが、やる気は今年のチームの方が高いと思うので、そこは自分たちで自信を持ってやっています。
次はアウェーですが、逆にホーム感を出して、上位に食い込めるようにアウェーに臨みたいと思います

BACK NUMBER


  • AOMORI GOAL VOL.45

  • AOMORI GOAL VOL.44

  • AOMORI GOAL VOL.43

  • AOMORI GOAL VOL-42

  • AOMORI GOAL VOL-41

  • AOMORI GOAL VOL-40

  • AOMORI GOAL VOL-39

  • AOMORI GOAL VOL-38

  • AOMORI GOAL VOL-37

  • AOMORI GOAL VOL-36

  • AOMORI GOAL VOL-35

  • AOMORI GOAL VOL-34

  • AOMORI GOAL VOL-33

  • AOMORI GOAL VOL-32

  • AOMORI GOAL VOL-31

  • AOMORI GOAL VOL-30

  • AOMORI GOAL VOL-29

  • AOMORI GOAL VOL-28

  • AOMORI GOAL VOL-27

  • AOMORI GOAL VOL-26

  • AOMORI GOAL VOL-25

  • AOMORI GOAL VOL-24

  • AOMORI GOAL vol-23

  • AOMORI GOAL vol-22

  • AOMORI GOAL vol-21

  • AOMORI GOAL Vol.20
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.19

  • AOMORI GOAL Vol.18

  • AOMORI GOAL Vol.17

  • AOMORI GOAL Vol.16

  • AOMORI GOAL Vol.15

  • AOMORI GOAL Vol.14
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.13

  • AOMORI GOAL Vol.12
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.11

  • AOMORI GOAL Vol.10

  • AOMORI GOAL Vol.09

  • AOMORI GOAL Vol.08
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.07
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.06

  • AOMORI GOAL Vol.05

  • AOMORI GOAL Vol.04

  • AOMORI GOAL Vol.03

  • AOMORI GOAL Vol.02

  • 青森ゴール創刊号 Vol.01

  • 創刊準備特別号