MENU

メニューを閉じる
TOP
年間購読の
ご案内
ご購入
バックナンバー
取り扱い書店
大会情報
大会情報
> 一覧ページ > 1種(社会人) > 1種(大学・高専) > 2種(高校生) > 3種(中学生) > 4種(小学生) > 女子 > キッズ > フットサル > イベント(協会・その他)
コラム
> ウェブ掲載コラム > 大学サッカー通信 > フリースタイル
関連リンク
編集部
お問合せ

NEWS&TOPICS

NEWS&TOPICS

2月25日発売の最新号「AOMORI GOAL VOL.62」昨シーズン、クラブ史上初、また、青森県初となる東北フットサルリーグ1部を制したイタチカ八戸の記事を少しだけ紹介!

2020年03月10日
イタチカ八戸

【チーム立ち上げメンバーが語る、優勝、そして、これまでの想い】

 昨シーズン、クラブ史上初めて東北フットサルリーグを制したイタチカ八戸。
チームの創設から長年かけて手にした待望のタイトルに、チームの関係者一同は大いに湧いた。そんなチームの創設から現在に至るまで携わってきた清水浩介、山内元一、加賀崇道の3選手に、2月半ばに行われた地域チャンピオンズリーグを前に話を聞いた。





まずはリーグ優勝を決めた時について改めて聞かせてください。

清水 優勝した瞬間はあまり実感がありませんでした。もう全国で戦う準備のことを考えていたから、それで頭がいっぱいで。優勝した試合の後にみんなが胴上げもしてくれて、それに感動しつつ、宙に舞いながら「どうすっかなあ…」って(笑)。

山内 自分はリーグに参戦した最初のシーズンのことを思い出したね。リーグ戦全敗だったからね。他にも色んなことが頭の中に思い浮かんで、「やっと優勝したな」と思いました。勝点0で終わった最初のシーズンを考えると嬉しかったです。あとは現役のうちに優勝することができて良かったなと思いました(笑)。

加賀 泣きましたね。泣くつもりがなかったのに! ゲンさん(山内)と同じく10数年やってきて、やっとという感じです。シーズンの初めには優勝できるとは思ってなかったです。優勝した時は、これまでの苦しさが報われたと感じました。





加賀さんが優勝できるとは思ってなかったということでしたが、お二人はどうですか?

清水 毎年優勝するつもりで臨んでいますよ。しかし、実際どうなるかは分からない。

山内 最初から優勝できるというイメージはなくて、1試合1試合を大事に戦っていこうと思っていて、それを毎回繰り返していたら、首位にいたという感じかな。
清水 今年はそこがブレなかったよね。とにかく「目の前のことを頑張ろう」とみんなが思っていました。

山内 負けた試合もありましたが、そこで崩れなかった。過去を振り返ると、負けをきっかけにその後も負け続けることがありましたが、今年はそれがなかったです。



3人はチームの立ち上げからのメンバーですが、優勝したことを誰に一番伝えたかったですか?

清水 たくさんいますけど、やはり八戸ペンギンFC(イタチカの前身のサッカーチーム。八戸市サッカーリーグを10連覇するなど強豪で歴史があるチーム。イタチカができたことで解散となった)のメンバーですね。イタチカができたことで、ある意味サッカーができる場所を奪ってしまいましたから。話し合いで解散はしましたけど、どこかで納得できていない人もいたんだろうなと今も感じていて…。しかも、ペンギンFCのメンバーたちにこれまで良い報告ができていませんでしたから。



実際に報告できたときはどうでしたか?

清水 喜んでくれました。顔を見たらすぐに分かりました。喜んでくれているなと。全員に直接伝えられたわけではありませんが。それで気持ちが少し楽になりましたね。

(続く)

誌面では、写真と記事全文を掲載していますので、ぜひご覧ください!










関連記事はこちら

■2月25日発売の最新号「AOMORI GOAL VOL.62」から第一特集の第98回全国高校サッカー選手権大会を戦った青森山田高校『激闘の記憶』の記事を少しだけ紹介!
http://aomori-goal.com/info/?sc=200227_153224&ct=0001

■輝いた男たち HERO`s STORY 武田 英寿
【違いを生み出すレフティ】
http://aomori-goal.com/info/?sc=200227_190139&ct=0001

■輝いた男たち HERO`s STORY 古宿 理久
【冷静沈着な司令塔】
http://aomori-goal.com/info/?sc=200302_112205&ct=0001

■輝いた男たち HERO`s STORY 藤原 優大
【高い能力を存分に発揮】
http://aomori-goal.com/info/?sc=200302_180445&ct=0001

■輝いた男たち HERO`s STORY 松木 玖生
【トップオブザルーキー】
http://aomori-goal.com/info/?sc=200303_122551&ct=0001

■高校選手権に出場した矢板中央高校。十和田出身で1年生ながらゴールマウスを守った『藤井陽登』
【一躍、同世代のトップランカーに。目標は高く遠く】
http://aomori-goal.com/info/?sc=200304_111602&ct=0001

■高校選手権に出場した昌平高校。弘前市出身でセンターバックで出場した『西澤寧晟』
【かつてのチームメイトと邂逅、抱いた人一倍の対抗心】
http://aomori-goal.com/info/?sc=200304_152420&ct=0001

■全国の舞台に挑戦した、八戸学院大学女子サッカー部!
第28回全日本大学女子サッカー選手権大会
【日本一のレベルを痛感。この経験を活かすために再スタートを切る】
http://aomori-goal.com/info/?sc=200305_132518&ct=0001

■全国の舞台に挑戦した、ラインメール青森FCジュニアユース!
第25回全日本U-15フットサル選手権大会
【結果以上に大きな収穫を掴んだ。その経験を新チームに生かす】
http://aomori-goal.com/info/?sc=200305_153722&ct=0001

■全国の舞台に挑戦した、リベロ津軽SC U-12!
JFA 第43回全日本U-12サッカー選手権大会
【決勝R進出逃すもフレンドリーカップ優勝】
http://aomori-goal.com/info/?sc=200305_183702&ct=0001

■青森ゴールが行く!!チーム取材、八戸市にある向陵高校の記事を少しだけ紹介!
http://aomori-goal.com/info/?sc=200306_101714&ct=0001

■INAC 神戸レオネッサ No.6 MF 伊藤 美紀【成長を実感できた1年だった】
http://aomori-goal.com/info/?sc=200306_115654&ct=0001




★青森ゴールは青森県内の書店、スポーツ店、ユニバース全店で購入できます。
県外にお住まいの方やバックナンバーをお求めの方は、青森ゴールHPから購入できますのでぜひご覧ください。
http://www.aomori-goal.com/buy/


★デジタルマガジン/クレジット決済をご希望の方は、こちらから購入してください。
雑誌のオンライン書店「富士山マガジンサービス」
http://www.fujisan.co.jp/product/1281691519/

― デジタルマガジン
「AOMORI GOAL」デジタルマガジンは、雑誌では載せきれなかった写真をフォトギャラリーとして掲載しています。ぜひお買い求めください!

― クレジット決済のご案内
「AOMORI GOAL」雑誌、デジタルマガジンは
県外の方やお近くに販売店がない方はインターネットから購入することができます。その際、クレジット決済することも可能です。


★最新号の青森ゴールVOL.62(紙媒体/デジタルマガジン)の内容はこちらからご覧になれます。
https://aomori-goal.com/nowonsale/


★読者プレゼント
読者プレゼントも充実しております。年間定期購読の方限定のプレゼントもありますので、ご応募お待ちしております!3月中まで応募可能です!

BACK NUMBER


  • AOMORI GOAL VOL.62

  • AOMORI GOAL VOL.61

  • AOMORI GOAL VOL.60

  • AOMORI GOAL VOL.59

  • AOMORI GOAL VOL.58

  • AOMORI GOAL VOL.57

  • AOMORI GOAL VOL.56

  • AOMORI GOAL VOL.55

  • AOMORI GOAL VOL.54

  • AOMORI GOAL VOL.53