MENU

メニューを閉じる
TOP
年間購読の
ご案内
ご購入
バックナンバー
取り扱い書店
大会情報
大会情報
> 一覧ページ > 1種(社会人) > 1種(大学・高専) > 2種(高校生) > 3種(中学生) > 4種(小学生) > 女子 > キッズ > フットサル > イベント(協会・その他)
コラム
> ウェブ掲載コラム > 大学サッカー通信 > フリースタイル
関連リンク
編集部
お問合せ

大会情報

1種(社会人)

JFLセカンドステージ第12節 ヴァンラーレ八戸vsラインメール青森

2017年10月22日
10月22日(日)、JFLセカンドステージ第12節 ヴァンラーレ八戸対ラインメール青森の試合がヴァンラーレのホームとなるダイハツスタジアムで行われた。
天皇杯県予選の決勝、ファーストステージに続き、今季3度目の“青森ダービー”となった。

試合開始からボールホルダーに対する素早い寄せと球際での激しいボールの奪い合いを見せる両チーム。中盤でセカンドボールを拾ったチームが攻撃を仕掛ける展開となる。

前半2分、ヴァンラーレ八戸はFW⑪村上聖弥が前線でボールを奪うとドリブルで持ち込み、ゴール前にクロスを送るが、これは相手ディフェンスにクリアされる。
その後も⑪村上、ワントップの㊴竹中公基を起点に攻撃を組み立てるヴァンラーレだが、最後のシュートまで持っていくことができない。

対するラインメールは前半27分、相手陣地深くでパスカットしたFW㉕横野純貴がシュートまで持ち込むと、直後の28分には右サイドMF⑩奥山泰裕のクロスにゴール前FW⑱中村太一が頭で合わせるがこれはGKに阻まれる。
徐々にボールを保持する時間を増やすラインメールは、31分に間接フリーキックからMF⑩村瀬勇太、37分にはFW㉔秋吉泰佑のシュートからヴァンラーレゴールを脅かすがゴールにはならず、0-0で前半を折り返す。
後半、セカンドボールへの素早い反応を見せるラインメールが主導権を握る。ボール奪取からワントップの㉕横野を起点に㉔秋吉、⑩村瀬を経由し、両サイドの⑩奥山、⑪小幡へ展開。サイド攻撃からヴァンラーレゴールに迫る。

後半8分、左サイドから⑪小幡がドリブルで中に切れ込んでシュートを放つと、14分に右サイド⑩奥山のクロスから最後はMF⑤酒井大登がミドルシュート。18分には右サイドでボールを受けた㉔秋吉が中に切れ込んでシュートを打つがこれはGKがキャッチ。

ヴァンラーレを押し込み、立て続けにチャンスを作ると21分、右サイド⑩奥山が上げたクロスにゴール前で受けた⑱中村がPA内で倒されPKを獲得。これを自ら決め、ラインメールが先制点を奪う。
ヴァンラーレは前線のターゲットを狙ったロングボールから反撃を試みるも、相手ディフェンス陣に跳ね返され、セカンドボールも拾えない苦しい時間が続く。

終盤に差し掛かかりMF㉙金久保彩が積極的にボールを受け、組み立てを図ると、41分に左サイドからのグラウンダーのクロスをゴール前に走り込んだ㉙金久保がフリーで合わせるもこれは相手GKのファインセーブで阻まれる。

終了間際にはセットプレーから同点を狙うも、最後までゴールを奪うことはできずタイムアップ。1-0でラインメールが勝利した。

シュート数、ラインメールの13本に対し2本のヴァンラーレ。このシュート数が表すゲーム内容となった。



勝利したラインメール青森 葛野昌宏監督は「開始からお互い球際の激しさを全面に押し出す中で、どっちが先に長所を出せるか、得意な形に持っていくかが重要なポイントだと思っていました。自分たちとしては、前半はあえて風下を取って、後半が勝負というプランでしたが、後半、攻撃の時間が長かった中でPKから1点を取って、その後も選手たちは体を張って賢くプレーしてくれたと思います」と試合を振り返った。
リーグ戦残す3試合に向けては「自分たちは今季、年間順位4位以内を目標に常に目の前の試合、勝負にこだわってやってきたので、残りは3試合ですけど、1試合1試合。まずは、次節のソニー仙台戦に向けてしっかり準備したいです」と語った。

敗れたヴァンラーレ八戸 柱谷哲二監督は「力の無さ、力不足。2試合続けて同じような負け方をするのは力の無い証拠。自分たちの力不足が出たゲームだったと思います」と試合を振り返った。
続けて「前回もそうですし、“ダービー”という試合で気合い負けしている。我々はメンタルの部分で絶対的に足りない。大事な場面になると萎縮しているのか、トレーニングでやっていることが出せない。でも、そこまで弱いかと言ったらHonda FCに勝ち、FC大阪にも勝っている。なので、肝心なところでパワーを出せないことは自分でも歯がゆく思っています。ここ3試合というのはシーズンもラストで勝負が懸ったところ。そこでダメになっていくのがとても残念で仕方がない」と、ここぞという時のメンタル、チームの勝負弱さを指摘した。
目標であるJ3昇格に向けては「残り3試合、ベストを尽くすだけ。あとは奇跡を信じるだけ。我々が残り3試合を勝たないと、その奇跡も起こらない。最後まであきらめないでやり続けます」と今日の敗戦を受け入れつつ、前を向いた。

BACK NUMBER


  • AOMORI GOAL VOL.55

  • AOMORI GOAL VOL.54

  • AOMORI GOAL VOL.53

  • AOMORI GOAL VOL.52

  • AOMORI GOAL VOL.51

  • AOMORI GOAL VOL.50

  • AOMORI GOAL VOL.49

  • AOMORI GOAL VOL.48

  • AOMORI GOAL VOL.47

  • AOMORI GOAL VOL.46

  • AOMORI GOAL VOL.45

  • 【完全保存版】2冠達成記念号 青森山田高校サッカー部2016

  • AOMORI GOAL VOL.44

  • AOMORI GOAL VOL.43

  • AOMORI GOAL VOL-42

  • AOMORI GOAL VOL-41

  • AOMORI GOAL VOL-40

  • AOMORI GOAL VOL-39

  • AOMORI GOAL VOL-38

  • AOMORI GOAL VOL-37

  • AOMORI GOAL VOL-36

  • AOMORI GOAL VOL-35

  • AOMORI GOAL VOL-34

  • AOMORI GOAL VOL-33

  • AOMORI GOAL VOL-32

  • AOMORI GOAL VOL-31

  • AOMORI GOAL VOL-30

  • AOMORI GOAL VOL-29

  • AOMORI GOAL VOL-28

  • AOMORI GOAL VOL-27

  • AOMORI GOAL VOL-26

  • AOMORI GOAL VOL-25

  • AOMORI GOAL VOL-24

  • AOMORI GOAL vol-23

  • AOMORI GOAL vol-22

  • AOMORI GOAL vol-21

  • AOMORI GOAL Vol.20
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.19

  • AOMORI GOAL Vol.18

  • AOMORI GOAL Vol.17

  • AOMORI GOAL Vol.16

  • AOMORI GOAL Vol.15

  • AOMORI GOAL Vol.14
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.13

  • AOMORI GOAL Vol.12
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.11

  • AOMORI GOAL Vol.10

  • AOMORI GOAL Vol.09

  • AOMORI GOAL Vol.08
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.07
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.06

  • AOMORI GOAL Vol.05

  • AOMORI GOAL Vol.04

  • AOMORI GOAL Vol.03

  • AOMORI GOAL Vol.02

  • 青森ゴール創刊号 Vol.01

  • 創刊準備特別号