MENU

メニューを閉じる
TOP
年間購読の
ご案内
ご購入
バックナンバー
取り扱い書店
大会情報
大会情報
> 一覧ページ > 1種(社会人) > 1種(大学・高専) > 2種(高校生) > 3種(中学生) > 4種(小学生) > 女子 > キッズ > フットサル > イベント(協会・その他)
コラム
> ウェブ掲載コラム > 大学サッカー通信 > フリースタイル
関連リンク
編集部
お問合せ

大会情報

2種(高校生)

第55回青森県高等学校サッカー新人県大会〈男子3位決定戦 八戸学院光星vs十和田工業〉

2018年11月05日
11月5日(土)、「第55回青森県高等学校サッカー新人県大会(男子)」は最終日を迎え、八戸市ダイハツスタジアムを会場に決勝戦と3位決定戦が行われた。

八戸学院光星と十和田工業の3位決定戦は、開始から八戸学院光星が主導権を握る。
ダブルボランチの⑥水口大都と⑱村上恋を中心に攻撃を組み立てると、2列目のMF⑦工藤宙夢を経由しサイドから攻撃を仕掛ける。

前半16分、八戸学院光星はCKを獲得すると、水口の蹴ったボールにDF②山美颯人が頭で合わせ先制に成功する。

対する十和田工業は、八戸学院光星の攻撃に対して粘り強い守備を見せると、ワントップの⑨岡畑諒太郎が前線の起点となりカウンターを狙う。

前半31分には、カウンターからゴール前までボールを運び、一度は相手DFに奪われるも素早い切り替えから岡畑が奪い返し、コースを狙ったシュートで同点に追いつく。
1-1で折り返した後半、光星は開始早々の3分にCKからDF④小島裕介が頭で決め追加点を奪う。
後半11分には、FW㉚大坂縁からのスルーパスを受けたFW⑨遠山北斗がワンタッチでディフェンダーを置き去りにすると、GKとの1対1を冷静に決め3点目。
続く17分には、水口がドリブルでPA内に侵入するとフリーの大坂にラストパス。これを大坂がダイレクトで合わせネットを揺らした。

前半こそ自分たちのミスからリズムに乗り切れない光星だったが、後半は地力の差を見せつけ4-1の勝利、3位入賞を果たした。

BACK NUMBER


  • AOMORI GOAL VOL.82

  • AOMORI GOAL VOL.81

  • AOMORI GOAL VOL.80

  • AOMORI GOAL.VOL.79

  • AOMORI GOAL VOL.78

  • AOMORIGOAL VOL.77

  • AOMORIGOAL VOL.76

  • AOMORI GOAL VOL75

  • AOMORI GOAL VOL.74

  • AOMORI GOAL VOL.73