MENU

メニューを閉じる
TOP
年間購読の
ご案内
ご購入
バックナンバー
取り扱い書店
大会情報
大会情報
> 一覧ページ > 1種(社会人) > 1種(大学・高専) > 2種(高校生) > 3種(中学生) > 4種(小学生) > 女子 > キッズ > フットサル > イベント(協会・その他)
コラム
> ウェブ掲載コラム > 大学サッカー通信 > フリースタイル
関連リンク
編集部
お問合せ

大会情報

2種(高校生)

高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第5節 青森山田高校vs柏レイソルU-18

2019年05月05日
5月5日(日)、青森山田高校はホームグラウンドに柏レイソルU-18を迎え、高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第5節を戦った。
試合開始からわずか5分、5試合目にして初めて相手に先制を許すと、さらに11分にはチームの大黒柱である主将のMF⑩武田英寿が退場処分となってしまったため、青森山田は一人少ない状態でその後の約80分間を戦わなければならなくなった。
立ち上がりから窮地に追い込まれた青森山田。しかし選手たちは、リードしながら退場者を出し、その後追いつかれて引き分けとなった第3節・大宮アルディージャユース戦での苦い経験から学んでいた。「劣勢に立たされた時に、いつもの自分たちだったら焦ってしまい、縦のプレーばかりになってしまうのですが、(相手は)回してくるチームなので、いかに冷静になって、耐えてカウンターができるかということを全員で話し合いました」(DF④箱﨑拓)と、すぐに意思統一を図り、相手にボールを支配される時間帯が多かった前半を0-1のまま懸命に耐えしのぐ。
すると後半、セットプレーからまず59分にMF⑭金賢祐がヘディングで同点とすると、75分には武田主将に代わりキャプテンマークを巻いた箱﨑が、DF②内田陽介のスローインを頭で押し込み逆転に成功。一人少ない青森山田が2-1で勝利し、首位に返り咲いた。
GK No.1 佐藤 史騎
「アルディージャ戦のようにはならないように、みんなで声を出していました。監督からも『みんなで声を出して耐えていたらチャンスは来る』と言われていたので、ずっと耐えて、自分はたまたま止めただけですが、そこは良かったかなと思います」
MF No.14 金賢祐
「いつも監督からは『チームのために走れ』と言われていて、一人いなくても、この0-1の状態でいけばいい場面も出てくるし、絶対決めて勝てるという自信がありました。仲間を信じて、しっかり決めることができて良かったです」
DF No.4 箱﨑 拓
「自分たちが勝っている状況にもかかわらず2失点して同点にされたという、アルディージャ戦での教訓がありました。開始早々に点を取られて退場者も出したことには納得のいかない所もありましたが、そこを全員でどう力に変えるかというのが教訓としてあったので、自分たちで立て直すことができましたし、あとは監督が言っていることなどを徹底してやった結果、セットプレーのところで点を取ることができました。自分たちの中でも自信になった試合でした。
(得点の場面では)『絶対取ってやる!』と思って飛び込んでいったら入ったので、味方を信じた結果がゴールにつながったと思います」
次節は、8年ぶりにプレミアリーグ復帰を果たした尚志高校との対戦となる。
今年1月に行われた高校選手権準決勝、そして東北新人大会準決勝での対戦では青森山田が勝利しているが、「自分たちは選手権王者という威厳を持って戦いたい。東北では絶対に負けられない」(GK佐藤)、「東北対決で相手も気合いを入れて来ると思いますが、同じ高体連のチームには絶対負けたくない」(MF金)と、選手たちもこの一戦に強い闘志を燃やし、王者のプライドを持って東北対決に臨む構えだ。


高円宮杯U-18プレミアリーグEAST 青森山田高校 今後の試合予定
第6節 vs 尚志高校
5月11日(土)11:00~ @郡山市営西部サッカー場


関連記事

■高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第4節 青森山田高校vs浦和レッドダイヤモンズユース
https://aomori-goal.com/category/?sc=190429_191834&ct=0003

■高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第2節 青森山田高校vsジュビロ磐田U-18
https://aomori-goal.com/category/?sc=190415_141158&ct=0003

■東北高等学校新人サッカー選手権大会、決勝「青森山田高校 vs 秋田商業高校」
https://aomori-goal.com/category/?sc=190129_095409&ct=0003

■東北高等学校新人サッカー選手権大会、準決勝「青森山田高校 vs 尚志高校」
https://aomori-goal.com/category/?sc=190128_092108&ct=0003


★青森ゴールは青森県内の書店、スポーツ店、ユニバース全店で購入できます。
県外にお住まいの方やバックナンバーをお求めの方は、青森ゴールHPから購入できますのでぜひご覧ください。
http://www.aomori-goal.com/buy/


★デジタルマガジン/クレジット決済をご希望の方は、こちらから購入してください。
雑誌のオンライン書店「富士山マガジンサービス」
http://www.fujisan.co.jp/product/1281691519/


★最新号の青森ゴールVOL.57(紙媒体/デジタルマガジン)の内容はこちらからご覧になれます。
https://aomori-goal.com/nowonsale/


★デジタルマガジン
「AOMORI GOAL」デジタルマガジンは、雑誌では載せきれなかった写真をフォトギャラリーとして掲載しています。ぜひお買い求めください!


★クレジット決済のご案内
「AOMORI GOAL」雑誌、デジタルマガジンは
県外の方やお近くに販売店がない方はインターネットから購入することができます。その際、クレジット決済することも可能です。


★読者プレゼント
読者プレゼントも充実しております。年間定期購読の方限定のプレゼントもありますので、
ご応募お待ちしております!5月中まで応募可能です!

BACK NUMBER


  • AOMORI GOAL VOL.56

  • AOMORI GOAL VOL.55

  • AOMORI GOAL VOL.54

  • AOMORI GOAL VOL.53

  • AOMORI GOAL VOL.52

  • AOMORI GOAL VOL.51

  • AOMORI GOAL VOL.50

  • AOMORI GOAL VOL.49

  • AOMORI GOAL VOL.48

  • AOMORI GOAL VOL.47

  • AOMORI GOAL VOL.46

  • AOMORI GOAL VOL.45

  • 【完全保存版】2冠達成記念号 青森山田高校サッカー部2016

  • AOMORI GOAL VOL.44

  • AOMORI GOAL VOL.43

  • AOMORI GOAL VOL-42

  • AOMORI GOAL VOL-41

  • AOMORI GOAL VOL-40

  • AOMORI GOAL VOL-39

  • AOMORI GOAL VOL-38

  • AOMORI GOAL VOL-37

  • AOMORI GOAL VOL-36

  • AOMORI GOAL VOL-35

  • AOMORI GOAL VOL-34

  • AOMORI GOAL VOL-33

  • AOMORI GOAL VOL-32

  • AOMORI GOAL VOL-31

  • AOMORI GOAL VOL-30

  • AOMORI GOAL VOL-29

  • AOMORI GOAL VOL-28

  • AOMORI GOAL VOL-27

  • AOMORI GOAL VOL-26

  • AOMORI GOAL VOL-25

  • AOMORI GOAL VOL-24

  • AOMORI GOAL vol-23

  • AOMORI GOAL vol-22

  • AOMORI GOAL vol-21

  • AOMORI GOAL Vol.20
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.19

  • AOMORI GOAL Vol.18

  • AOMORI GOAL Vol.17

  • AOMORI GOAL Vol.16

  • AOMORI GOAL Vol.15

  • AOMORI GOAL Vol.14
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.13

  • AOMORI GOAL Vol.12
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.11

  • AOMORI GOAL Vol.10

  • AOMORI GOAL Vol.09

  • AOMORI GOAL Vol.08
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.07
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.06

  • AOMORI GOAL Vol.05

  • AOMORI GOAL Vol.04

  • AOMORI GOAL Vol.03

  • AOMORI GOAL Vol.02

  • 青森ゴール創刊号 Vol.01

  • 創刊準備特別号