MENU

メニューを閉じる
TOP
年間購読の
ご案内
ご購入
バックナンバー
取り扱い書店
大会情報
大会情報
> 一覧ページ > 1種(社会人) > 1種(大学・高専) > 2種(高校生) > 3種(中学生) > 4種(小学生) > 女子 > キッズ > フットサル > イベント(協会・その他)
コラム
> ウェブ掲載コラム > 大学サッカー通信 > フリースタイル
関連リンク
編集部
お問合せ

大会情報

1種(社会人)

イタチカ八戸選手コメントNo1~5「全国の経験を今後の糧に」

2020年02月23日
イタチカ八戸選手コメント「全国の経験を今後の糧に」

 SuperSports XEBIO 第20回F地域チャンピオンズリーグに出場し、予選リーグ白星なしで初の全国大会を終えたイタチカ八戸。
 全国大会前、今大会3位になったゾット早稲田FCを八戸に招待し、トレーニングマッチを行い、互角な試合展開を見せ自信を手に入れて本戦へ臨んだ。
 しかし、本戦ではイタチカ八戸の持ち味を上手く出せないくらい、一段も二段もギアの上がった各地域の代表チームとの差を体感した。
 大会を終えて、トレーニングマッチでは味わえない経験をした今、選手一人一人が思う事は色々とあるだろう。
 5つの質問(①大会の総評、②個人の課題、③チームの課題、④良かった事(通用した部分など)、⑤これからの目標)を選手全員に答えて頂いたので、紹介します。

背番号順に紹介。
No.1 山内 元一(ヤマウチ モトカズ) 

ポジション:GOLEIRO

① 大会の総評
まず、自分達がまだまだだということ。全国レベルには遠い。しかし悲観することはない。これを経験したことにより確実に成長出来るし何をすべきかが分かったはず。このチームは今回の経験で一回りも二回りも成長出来たと思います。

② 個人の課題
試合に対して全力で望むことは出来たと思う。いつ出番が来てもいいように準備も出来た。

③ チームの課題
ポジショニングがズレて失点したところは無かったのでそこは通用した。
ブラインドからのシュートは見えなくて失点したのでそこはもっと嗅覚を磨く必要あり。

④ 良かった事(通用した部分など)⑤これからの目標
これからはチームのために自分が何を出来るかを考えていきたいと思います。
どのような形、どのような体勢でイタチカと関わっていくか。
模索中です。
No2 竹内 貴法(タケウチ タカノリ)

ポジション:ALA

① 大会の総評
全国とはまだまだ差があるんだなぁと思った

② 個人の課題
体力面

③ チームの課題
適応力

④ 良かった事(通用した部分など)
高いレベルを経験した事

⑤ これからの目標
継続すること
No3 嶋本 敦(シマモト アツシ)

ポジション:FIXO/ALA

① 大会の総評
応援してくれた、期待してくれた人達に結果でお返しすることができなくて残念です。

② 個人の課題
ボールを取りきる力、ボールを失わない力、ゴールを決める力などたくさん。

③ チームの課題
フットサル技術、フィジカルなど。

④ 良かった事(通用した部分など)
全国大会を経験できたこと。

⑤ これからの目標
東北一番を取り、全国大会出場を目標してやってきたが、今後は全国大会で勝つことを目標にしていきたい。
No4 加賀 崇道(カガ タカミチ)

ポジション:PIVO

① 大会の総評
正直、完敗でした。全国の壁は厚かった。上には上がいるなと。後は、雰囲気にのまれていつも通りの事ができなかったと思います。初出場ということで完全に経験不足が出たと思います。

② 個人の課題
心技体、全てに課題を感じました。

心 
あのプレスの圧、速さのなかで
落ち着いてプレーする心。


トラップ、パス、シュート、フリーランの質全てに相手との駆け引きが必要なんだと感じました。
個人戦術の引き出しを増やして
いかなければならないと思いました。


あの当たりに負けない体づくり
体幹の強さが必要でした。

とにかく、全てにおいて個人の
アベレージを上げないと勝てない
と感じました。

③ チームの課題
プレス回避の質、攻撃のバリエーション、守備の連携とチームとしても全てにおいて引き出しが足りないと感じました。
自分達の良さを消された時に対応する事が難しいと感じました。

④ 良かった事(通用した部分など)
最後まで下を向かずにみんなで
やりきった事。
強い相手に対して難しい状況を
楽しんでいた事。
次の目標が見つかった事。

⑤ これからの目標
まず、またあの舞台に戻ってくる事。東北を勝ち抜くイメージは今回、リーグ優勝をしたことで掴めたと思うので、まず、そこをスタンダードにする事。
さらに、全国で勝てるチームに
なる事。
そのためには、練習だったり普段の行動を全国基準でやらなければ
ならないと思います。
簡単な事ではないと思うので
イタチカらしくひとつひとつ丁寧に目の前の事に全力でいい準備をしたいと思います。その積み上げに対して結果は出ると思うので。
良い経験だけで終わらせるつもりはないのでまたチームのみんなと成長したいと思います。
No5 松本 晃(マツモト ヒカル)

ポジション:ALA

① 大会の総評
イタチカらしさは出せたと思う。
でも明らかに相手チームとの練習量やフットサルにどれだけ懸けているかの思いの強さにすごく差を感じた。相手が強いのはわかっていたので、そこだけは絶対負けちゃいけなかった。

② 個人の課題
1対1の仕掛け
オフザボールの動き
シュート精度

③ チームの課題
チームとしての動きの量と質
ボールの持ち方
球際

④ 良かった事(通用した部分など)
1対1の守備

⑤ これからの目標
このチームの強みが全く通用しなかったので、もっと強固なものにしていかないといけないし、それプラスα違う強みを持っていかないといけないと思う。
練習あるのみだと思う。

BACK NUMBER


  • AOMORI GOAL VOL.64

  • AOMORI GOAL VOL.63

  • AOMORI GOAL VOL.62

  • AOMORI GOAL VOL.61

  • AOMORI GOAL VOL.60

  • AOMORI GOAL VOL.59

  • AOMORI GOAL VOL.58

  • AOMORI GOAL VOL.57

  • AOMORI GOAL VOL.56

  • AOMORI GOAL VOL.55