MENU

メニューを閉じる
TOP
年間購読の
ご案内
ご購入
バックナンバー
取り扱い書店
大会情報
大会情報
> 一覧ページ > 1種(社会人) > 1種(大学・高専) > 2種(高校生) > 3種(中学生) > 4種(小学生) > 女子 > キッズ > フットサル > イベント(協会・その他)
コラム
> ウェブ掲載コラム > 大学サッカー通信 > フリースタイル
関連リンク
編集部
お問合せ

大会情報

2種(高校生)

第101回全国高校サッカー選手権大会2回戦 青森山田高校vs広島皆実高校

2022年12月31日
12月31日(土)、ニッパツ三ッ沢球技場にて、第101回全国高校サッカー選手権大会2回戦が行われ、青森山田高校(青森県代表)と広島皆実高校(広島県代表)が対戦した。
前半、青森山田はセットプレーなどから再三チャンスを作るも、「1本中の1本」を決めきることができず、0-0で折り返す。しかし、後半開始早々の46分、⑭MF芝田怜のFKを⑩FW小湊絆が頭で反らし、④DF三橋春希が決めて待望の先制点を挙げる。プレミアリーグの終盤では、怪我でピッチを離れていた④三橋について、正木監督は「1年間を通して、試合に出られない苦しい時期にも声を出してやってくれていたので、こういう舞台で結果を出してくれたことは嬉しいですし、これからも期待したいと思います」と語った。④三橋は、「ゴールが決まった時は嬉しかったですが、ピンチもあったので、次に切り替えていきたい」と語った。広島皆実のカウンター攻撃もしっかりと無失点で抑えた青森山田が、④三橋のゴールを守り切って1-0で勝利。3回戦進出を決めた。
No.5 DF 多久島良紀キャプテン
「入場の時にメインスタンドを見て、選手権はたくさんの人が注目していると感じましたし、すごく良い環境で試合ができて楽しかったです。選手権には、誰よりも強い気持ちで臨みましたし、勝ちたいという想いがすごく強かったです。個人的なパフォーマンスとしても、初戦にしては良かったのかなと思いますし、結果的に1-0、後ろは無失点で終えることができたのは良かったと思います。ただ、まだまだ詰めるところは詰めていかないといけないですし、まだ満足はしていないので、チームとしても個人としても、次につながるゲームだったかなと思います。
 正木監督に一勝をプレゼントできたことはほっとしていますが、次が大事なので、一戦一戦、一喜一憂せず、全力で戦っていきたいと思います」
正木昌宣監督
「想いが強い大会ですので、そういった意味で、初戦は硬くなるということは合宿からも言っていましたが、やはり少し硬かったなとは思っています。ハーフタイムには、まず平常心でやるべきことを確認しました。後半は流れも良くなりましたし、得点も奪えたので、平常心になれたことが一番良かったです。
 広島皆実さんの前線の選手の能力が非常に高く、カウンターがかなり武器になっていましたので、(追加点を奪うことは)リスクを冒してまではやらないです。1-0で勝って良いゲームでしたので、追加点というよりは、0で抑えるということを共有しながらやっていました。
 今日の試合で緊張はだいぶほぐれたと思いますけども、ここからさらに厳しい戦いになると思いますので、きちんとチームでやるべきことを確認して、整理して、次の試合に臨みたいなと思います。今年は去年とは全く別のチームなので、山田らしく一戦一戦、戦っていきたいです。
3回戦は、1月2日(月)14:10~ 国見高校(長崎県代表)と対戦する。

BACK NUMBER


  • AOMORI GOAL VOL.78

  • AOMORIGOAL VOL.77

  • AOMORIGOAL VOL.76

  • AOMORI GOAL VOL75

  • AOMORI GOAL VOL.74

  • AOMORI GOAL VOL.73

  • AOMORI GOAL 【3冠達成記念号】2022/1/29 発売

  • AOMORI GOAL 【AOMORI GOAL CUP 2021 総集編】

  • AOMORI GOAL VOL.72

  • AOMORI GOAL VOL.71