MENU

メニューを閉じる
TOP
年間購読の
ご案内
ご購入
バックナンバー
取り扱い書店
大会情報
大会情報
> 一覧ページ > 1種(社会人) > 1種(大学・高専) > 2種(高校生) > 3種(中学生) > 4種(小学生) > 女子 > キッズ > フットサル > イベント(協会・その他)
コラム
> ウェブ掲載コラム > 大学サッカー通信 > フリースタイル
関連リンク
編集部
お問合せ

大会情報

1種(社会人)

2023年度第76回青森県サッカー選手権大会 兼 天皇杯JFA第103回全日本サッカー選手権大会青森県代表決定戦

2023年05月07日
3月26日から八戸市で行われている「2023年度第76回青森県サッカー選手権大会 兼 天皇杯JFA第103回全日本サッカー選手権大会青森県代表決定戦」が今日で終了。県内の11チームが参加し、天皇杯の本戦への出場権をかけて争われた今大会。

本日行われた決勝戦は、ヴァンラーレ八戸FCとブランデュー弘前FCの対戦となった。




試合は開始からお互いペースを掴もうと激しい展開が続く。試合が動いたのは前半25分、ヴァンラーレ八戸が左サイドでフリーキックを得ると、姫野宥弥のキックに加藤慎太郎が繋いで、最後は饗庭瑞生がゴールを決めて、ヴァンラーレ八戸が先制する。その後は、お互い拮抗した展開となるが、後半42分、ヴァンラーレ八戸の渡辺龍が追加点を奪い、試合終了。ヴァンラーレ八戸が2−0で勝利を挙げ、3年連続で天皇杯の出場権を獲得した。





優勝したヴァンラーレ八戸は、5月21日、プライフーズスタジアムで13:00から行われる1回戦に出場。宮城県代表のソニー仙台FCと対戦する。







監督コメント
ヴァンラーレ八戸FC 石﨑信弘 監督
リーグ戦から中2日ということで、ある程度フレッシュな選手を積極的に使っていこうという形で、今日のメンバーをくみました。天皇杯はジャイアントキリングとかがあり、本当に難しい大会。まずは予選の決勝を2ー0で勝ち、本大会に出られるというところは素晴らしかったと思います。ただ、やはりゲーム内容としては、普段出ていない選手が何人か出ましたが、まだまだ課題が多いと感じました。その課題を、それぞれがしっかり自覚し、またトレーニングの中で改善していかないといけないと思っています。本当に難しい大会を勝つことができて、まずは良かったと思います。次はリーグ戦、南部ダービーということで、何としてでも良い結果が出せるようにしていきたいと思います。
(本戦への意気込み)天皇杯はトーナメントという形で、宮城県代表と戦い、その後はJ2の山形と対戦ということで、格上の相手とできるチャンス。そのためには初戦でしっかり勝って格上と対戦したいです。そうすればまたいろんな課題が出てくると思いますので、次に進んでいくというところを意識していきたいと思います。



ブランデュー弘前FC 山本富士雄 監督
相手は中2日でメンバーも変わってくるという予想の中で、自分たちがやろうとしていることがどれだけ通用するのか。十分勝機は見いだせると思っていました。特に作戦はなく、いつも通り自分たちのサッカーをやりながら、相手のストロングの部分は消していこうと1週間準備しました。
選手はよく頑張ったと思います。点が取れなかったのは残念ですが、そこまでは何回もいくことができたのは、前向きに捉えて考えていきたいと思います。敗因はやっぱりゴール前のクオリティを上げていかないといけない。攻守にわたってそこが足りなかったので、失点しましたし、得点できなかったと思います。



選手コメント
ヴァンラーレ八戸FC 姫野宥弥
長期の怪我でなかなか出場できませんでしたが、今日90分やれたことは自分にとってすごくポジティブなことです。まだまだパフォーマンス的に、もちろん足のコンディションもそうですけど、自分のベストにはまだ足りていないと思いますので、そこを早くベストまで持っていけるように、やっていかないといけないです。
(次節の南部ダービーに向けて)
チームとしては前節で負けている分、絶対に勝たないといけないです。個人としても怪我から復帰して、チームの力になって貢献したいという気持ちがすごく強いので、まずはスタメンのメンバーに入れるようにしっかりアピールして、チームの力になりたいです。



ブランデュー弘前FC 川﨑達也
チームとしては、もう少し落ち着く時間があれば、もっと楽に試合を進められたかなと思う部分があります。相手に合わせてしまった部分は、プレッシャーを感じて、後ろの選手は前に急ぐプレーが増えてしまいました。中盤の選手はアイディアを持っている選手がたくさんいますので、そこにいい形でボールが入れば、自分たちが普段やっているような攻撃ができたと思います。個人的には対人のところは悪くはなかったですけど、ビルドアップのところでミスが目立ったので、チームとしてリズムにのることができなかったと感じます。

シーズン前から上のカテゴリーのチームとトレーニングマッチをやる機会があり、そこでもできる部分もありました。しかし、それが決勝の舞台などプレッシャーがかかる状態で、それができるのかはまた別物です。そういう状況の中でもできるようにならないと、これからのリーグ戦でも厳しい試合が増えていくので、しっかりと自分たちがボールを握ってできないと、また試合が難しくなってしまう。そこに向けて、明日からまたやっていきます。



ブランデュー弘前FC 成田諒介
(古巣との対決について)
気持ちの面で、監督にもいつも通りやれと言われていました。すごく楽しみで、コロナ禍で声援とかできなかった中で、そういうことを含めてすごく楽しみにしていました。しかし、平常心でやりました。
ヴァンラーレの試合はDAZNでもチェックしていました。強かったですけど、自分たちもチームとしてはやれている部分もあったと思いますので、そこは自信を持って今後に繋げたいと思いました。やはり今日できたことリーグ戦に繋げないと意味がないと思いますので、本当に貴重ないい経験ができてすごく楽しかったです。



大会結果↓
http://www.aomori-fa.jp/


4月25日から発売中の最新号「AOMORI GOAL VOL.81」!
青森県内の書店、スポーツ店、青森市/五所川原市/つがる市/七戸町内のローソン、ユニバース全店で購入できます。

★カード決済、キャリア決済が可能な、
AOMORI GOAL ーオフィシャルショップー
バックナンバーを含めた全ての雑誌、記念号、グッズなどをお買い求めできます。
カード決済、キャリア決済、コンビニ決済、Amazon Pay、PayPalと様々な決済ができます!
https://aomorigoal.official.ec

★青森ゴールは青森県内の書店、スポーツ店、ユニバース全店で購入できます。県外にお住まいの方やバックナンバーをお求めの方は、青森ゴールHPから購入できますのでぜひご覧ください。
http://www.aomori-goal.com/buy/

★デジタルマガジン
「AOMORI GOAL」デジタルマガジンは、雑誌では載せきれなかった写真をフォトギャラリーとして掲載しています。ぜひお買い求めください!
雑誌のオンライン書店「富士山マガジンサービス」
http://www.fujisan.co.jp/product/1281691519/

★デジタルマガジン/クレジット決済をご希望の方は、こちらから購入してください。
雑誌のオンライン書店「富士山マガジンサービス」
http://www.fujisan.co.jp/product/1281691519/

最新号の内容はこちら↓
https://aomori-goal.com/nowonsale/

BACK NUMBER


  • AOMORI GOAL VOL.87

  • AOMORI GOAL VOL.86

  • 2024 青森山田高校 2冠達成記念号

  • AOMORI GOAL VOL85

  • AOMORI GOAL CUP 2023 特別号

  • AOMORIGOAL VOL.84

  • AOMORI GOAL VOL.83

  • AOMORI GOAL VOL.82

  • AOMORI GOAL VOL.81

  • AOMORI GOAL VOL.80