MENU

メニューを閉じる
TOP
年間購読の
ご案内
ご購入
バックナンバー
取り扱い書店
大会情報
大会情報
> 一覧ページ > 1種(社会人) > 1種(大学・高専) > 2種(高校生) > 3種(中学生) > 4種(小学生) > 女子 > キッズ > フットサル > イベント(協会・その他)
コラム
> ウェブ掲載コラム > 大学サッカー通信 > フリースタイル
関連リンク
編集部
お問合せ

ウェブ連載コラム

ウェブ連載コラム

ウェブ連載コラム eyes of the RADIO personality vol-6 〈スタジアムDJとは〉小泉 亮

2017年11月24日
青森ゴールのホームページをご覧の皆様、こんにちは。ご存知の方がほとんどかと思いますが、11月12日をもってJFL ヴァンラーレ八戸の2017年公式戦が全て終了しました。

目標としているJ3参入のために必要な成績面の条件「年間4位」は最終戦までもつれるハラハラドキドキの戦いを展開しましたが勝ち点4届かず、それでも、全国の強豪16チーム中5位という成績。

そして「ホーム戦年間平均観客数2000人」に対して、大きく上回る2106人。合計して31596人もの方が、時には雨も降り、いつも強い風が吹き付けるダイハツスタジアムに足を運んでくださいました。この中にはもちろんアウェイの対戦相手のサポーターの皆さんも含まれています。

本当にたくさんのご来場ありがとうございました。
今回は、僕が2009年から担当させて頂いた「スタジアムDJ」についてご紹介したいと思います。

今シーズンはホーム戦全15試合のうち8試合を担当させて頂きました。
日曜日の試合に向けた準備は、その週初めから始まります。クラブの試合運営担当のスタッフの方から試合当日1日の流れを記した資料を頂き、それを手製の進行表に落とし込みます。

そして、試合のイベント内容や新しいグッズの情報、さらにバスツアーや選手出演のイベントなど、クラブからの情報の原稿を書き加えていきます。

スタジアム「DJ」なので、会場内で流す音楽の準備や操作も自分で行います。
時期や話題、対戦相手に合わせて、選手やお客様の気分も試合に向けて徐々に“アゲて”いくようなテーマ設定や選曲を心掛けています。

11月12日のシーズン最終戦は選手に恩返しというほどではありませんが「聴くとがんばろうと思える曲」を選手の皆さんにリクエストして頂くという取り組みを初めて行いました。

選手やスタッフの方にご協力頂き、全28選手からのリクエストが出揃い、音源を準備しました。
若い世代の選手たちなので洋楽が中心なのかな?と思っていましたが、アイドルソングやアニソンも含まれていたりと、僕たちが勝手に持っていた選手のイメージとはまた違った一面が垣間見える選曲が多かったなと感じました。

こうして、情報やトーク内容、選曲の準備を万端にして(直前に「ハッ!」とひらめいて慌てて準備することもよくあるのが困ったところですが)ダイハツスタジアムには9時頃に入ります。
試合を支えるスタッフの方やスタジアムグルメの出店者の皆さん、サポートスタッフの皆さんにご挨拶をして、マイクや音源を流す機材、初期のマフラータオルをセッティング。

そして、大型ビジョン担当者の方と最終打ち合わせで確認作業をして、10時45分にまずはシーズンパスをお持ちの方の先行開場を迎えます。

ここからは音楽と合わせて、用意したイベント情報、大事な会場内での注意事項などを伝えていきます。

ただ、大事にしているのは用意した原稿をなぞるだけではないということです。
前節の結果や最近の戦況、活躍している選手、順位、試合の見どころなどを交えつつヴァンラーレ八戸というチーム、ヴァンラーレの選手の魅力を知って頂くことをテーマにラジオDJのような生のトークを織り込むようにしています。

12時頃からは選手のピッチ内アップがスタート。ここからゴール裏のサポーターの皆さんの熱い応援タイムが始まりますので、場内の音楽の音量を一旦下げます。

12時25分から相手チーム→ヴァンラーレの順でメンバーの紹介。試合への”熱”を盛りつけます。
スポンサー様からのCMをお送りして、12時45分頃からボールパーソンの紹介。大事な役目を務めてくれる中高生や大学生サッカー部やチームの皆さんの紹介の際には、チームの特徴や近況、お客様へのメッセージなど、監督やチームスタッフの方に事前に伺ってご紹介しています。

12時50分頃に遠くから足を運んでくれた相手チームのサポーターに感謝を伝えて、最後にあらためてヴァンラーレへの応援の呼びかけをします。

12時55分に選手たちを迎えて、審判団の皆さんをご紹介。キックオフの笛と同時に選手とサポーターの皆さんにバトンタッチする...という流れです。
心掛けているのは「スタジアムの主役は選手たち、そしてサポーターの皆さんである」ということです。

スタジアムDJがゲームの主役では決してありませんし、スタジアムDJがチームを勝たせるという驕りは絶対に持ってはいけません。
試合までの雰囲気をアナウンスやトーク、音楽などでいかに盛り上げて主役である皆さんにそのバトンを渡すことができるかが要だと信じてやってきました。

これまで試行錯誤しながら、たくさんの方からの多様なご意見、時にはお叱りの言葉も頂きながら務めてくることができました。

もちろん、まだまだその目指すところの半分にも達していません。

機会がありましたらまた来シーズンも、ヴァンラーレのサッカーで楽しい日曜日を過ごして頂けるお手伝いを、そして「さあ行くぞ」と選手やサポーターの皆さんの心に火を灯すことができればと思っています。
今シーズンも本当にありがとうございました。
.


小泉 亮 こいずみりょう
コミュニティラジオ放送局BeFMパーソナリティ
ヴァンラーレ八戸スタジアムDJ

BACK NUMBER


  • AOMORI GOAL VOL.68

  • AOMORI GOAL VOL.67

  • AOMORI GOAL VOL.66

  • AOMORI GOAL VOL.65

  • AOMORI GOAL VOL.64

  • AOMORI GOAL VOL.63

  • AOMORI GOAL VOL.62

  • AOMORI GOAL VOL.61

  • AOMORI GOAL VOL.60

  • AOMORI GOAL VOL.59