MENU

メニューを閉じる
TOP
年間購読の
ご案内
ご購入
バックナンバー
取り扱い書店
大会情報
大会情報
> 一覧ページ > 1種(社会人) > 1種(大学・高専) > 2種(高校生) > 3種(中学生) > 4種(小学生) > 女子 > キッズ > フットサル > イベント(協会・その他)
コラム
> ウェブ掲載コラム > 大学サッカー通信 > フリースタイル
関連リンク
編集部
お問合せ

ウェブ連載コラム

大学サッカー通信

第33回 大学サッカー通信 ~嵯峨理久(青森山田高校→仙台大学3年)~

2019年12月12日
第33回 嵯峨 理久(青森山田高校→仙台大学3年)





仙台大学 3年 MF
嵯峨 理久


取材日 2019年11月2日(土)
第44回東北地区大学サッカーリーグ 1部 第12節
八戸学院大学 vs 仙台大学
八戸学院大学美保野キャンパス人工芝グラウンド


さが りく
青森県おいらせ町出身
小学生時代はヴァンラーレ八戸FC U-12に所属。中学の時はウインズFC U-15に所属し、U-15日本代表候補合宿メンバーにも選出される。その後、青森山田高校に進学すると2年時にはトップチームの試合に出場し、レギュラーを掴む。3年時には高円宮杯U-18サッカーリーグ2016チャンピオンシップ、第95回全国高校サッカー選手権大会を制覇し、高校年代2冠を達成。仙台大学に進学すると、1年時からレギュラーを掴み、3年生となる今季はキャプテンを任されている。





2016年の年末から2017年の初頭にかけて行われた第95回全国高校サッカー選手権大会。同大会で初めて優勝を果たした青森山田高校の面々の雄姿は、青森県民をはじめ、全国のサッカーファンを唸らせたことだろう。







高円宮杯U-18プレミアリーグEASTを先頭で駆け抜け、チャンピオンシップも勝ち取ったこの年の青森山田は、U-18年代の2冠という偉業を達成している。その後、チームの中心選手だった髙橋壱晟(現モンテディオ山形)と廣末陸(現レノファ山口)がプロへ挑み、あるいは大学サッカーに戦う舞台を移した。 あの栄冠から3年。仙台大学の3年生になった嵯峨理久は、サッカー部のキャプテンとしてチームを引っ張る立場にいる。







「青森山田にいた時は全然そんな、キャプテンをやるというキャラクターではなくて。だから当時のチームメイトにも、そうでない友達にも、キャプテンになったという話をするたびに『大丈夫か?』と突っ込まれます(笑)」

青森山田にいた時の嵯峨にキャプテンというイメージはなかった。チームのいじられ役というのが衆目の一致するところで、嵯峨自身もそのキャラクターに徹していたように思う。







しかし彼は変わった。仙台大学という環境がそうさせた面もあれば、本来的な彼の素質という側面もあるだろう。3年生にしてキャプテンを務めることにプレッシャーはあっただろうが、「4年生の先輩たちも僕の立場が大変だと汲み取ってくれて、いつもサポートしてもらっています」と話すように、支えられつつキャプテンとしてチームを牽引しているようだ。







そんな嵯峨に話を聞いたのは、仙台大学が所属する東北大学サッカーリーグ1部の2019年度最終戦を終えたばかりの時。大学生になり心身ともに充実しているという嵯峨に、大学サッカーの魅力と来年迎える大学サッカーラストイヤーへの意気込みについて聞いた。







八戸学院大学とのリーグ最終戦を1得点2アシストの大活躍で終えた嵯峨。優勝をすでに決めていた段階で挑んだ試合についてまずは振り返ってもらったのだが、自身の活躍の話はそこそこに、12月に行われるインカレ(全日本大学サッカー選手権大会)に向けての課題について話し始めた。

「勝利に貢献できたのは良かったですが、まだまだ足りない部分があります。そこは改善していきたいです。チームとして、立ち上がりは悪くなかったんですけど、序盤に失点してしまいました。そこから少しバタつくのがいつものパターンですが、今回はみんな落ち着いていて、いつものサッカーをすることができました。セットプレーから点を決めてチーム的には乗れたのかなと(嵯峨のアシスト)。ただ9年間無敗で優勝を続けてきたので、その記録を今年達成できなかったのは先輩方に申し訳ないです。負けた試合もリーグ優勝とインカレ出場が決まった直後だったので、気の緩みがあって。これを繰り返さないように、インカレに向けて、気を引き締めてトレーニングに臨みたいと思います」

キャプテンらしい言動に頼もしさを感じつつ、次は嵯峨自身が感じる大学サッカーの魅力について聞いてみる。すると返ってきた答えは、ピッチの周辺にある事柄から学んだという意外なものだった。

「大学サッカーは選手自身が主体になります。指導者はもちろんサポートしてくれるんですが、色んな意味でこちらの自主性を促してもらえるというか。練習も運営も僕たち大学生が参加する幅が広いので、今後サッカーを続けていく上で、プレー以外の面を学べたのは良かったと思っています。試合をサポートしてくれている人がたくさんいると気づいたこともそうです。そうした人たちがいてこそ、僕たちはサッカーができているんだということを改めて実感しました」

高校と違って自由の度合いが上がる大学という環境は、良くも悪くも個人の自主性が試される場になる。サッカー以外に魅力を感じることももちろん自由で、実際に仙台大学にいる200人ほどのメンバーと様々な話をするのが楽しいと嵯峨は言う。







青森山田時代にはプロという選択肢を持ったメンバーに囲まれていたが、そうした多様性に溢れた環境にいることで、「サッカー以外のことも考えながら成長できている」と嵯峨。高校時代とはまた違ったメンタルでサッカーに打ち込むことができているのだとか。

また天皇杯の存在も大きいという。カテゴリーを超えて日本一のサッカーチームを決める伝統のトーナメント戦の天皇杯。公式戦という舞台で強者に挑むことができる環境に刺激を受けているとのことだった。
そうして、高校時代と変わらずボールを追いかけてきた嵯峨だが、来年はついに大学サッカーもラストイヤーとなる。最後に、これからの展望についても聞いた。

「早いですよね(笑)。まだ最終学年になる実感は沸かないんですが、今年のインカレも含めて、今後も良い成績を残して、そしてプロの舞台に行きたいです。そのためにも大学で活躍するべき飛躍の年にしなければいけないと思っています。プロへの内定を決めて、これまでお世話になった色んな人、指導者や家族に恩返ししたいです。本当に、色んな人に感謝の気持ちを伝えられる、そういう年にできたらと思います」








仙台大学の今後の日程

2019年度 第68回全日本大学サッカー選手権大会

会場:AGFフィールド(東京都調布市西町376-3)

12/14(土) 13:30 vs 中央大学(関東地区第5代表)

大会HP:https://www.jfa.jp/match/alljapan_university_2019/





【完全保存版】2冠達成記念号 青森山田高校サッカー部2016



お買い求めはこちらから↓
http://aomori-goal.com/back_number/?sc=170701_105048






■関連記事はこちら■
大学サッカー通信

第1回 中井建太(青森山田高校→慶應義塾大学4年)
http://www.aomori-goal.com/info/?sc=170515_185733

第2回 石井光(青森山田高校→中央大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=170531_144513&ct=0002

第3回 原山海里(青森山田高校→東京学芸大学2年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=170625_160249&ct=0002

第4回 八戸雄太(青森山田高校→桐蔭横浜大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=170801_190939&ct=0002

第5回 山下優人(青森山田高校→桐蔭横浜大学3年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=170809_151615&ct=0002

第6回 田中雄大(青森山田高校→桐蔭横浜大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=170822_132513&ct=0002

第7回 川口大翔(青森山田高校→仙台大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=170901_124511&ct=0002

第8回 田名部大希(八戸学院光星高校→八戸学院大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=171001_192820&ct=0002

第9回 山田武典(青森山田高校→青山学院大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=171031_200014&ct=0002

第10回 菊池流帆(青森山田高校→大阪体育大学3年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=171119_141646&ct=0002

第11回 北城俊幸(青森山田高校→慶應義塾大学)× 奥山大(八戸高校→慶應義塾大学)前編
http://aomori-goal.com/column/?sc=171126_062358&ct=0002

第11回 北城俊幸(青森山田高校→慶應義塾大学)× 奥山大(八戸高校→慶應義塾大学)後編
http://aomori-goal.com/column/?sc=171126_064223&ct=0002

第12回 酢﨑祥人(青森山田高校―常葉大学浜松キャンパス4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=180116_183200&ct=0002

第13回 霞恵介(青森山田高校―新潟医療福祉大学3年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=180208_112939&ct=0002

第14回 中村祥旗(青森山田高校→北陸大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=180531_192619&ct=0002

第15回 霞恵介(青森山田高校→新潟医療福祉大学4年)~ 第2弾
http://aomori-goal.com/column/?sc=180710_181409&ct=0002

第16回 小笠原学(青森山田高校→早稲田大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=180824_154958&ct=0002

第17回 松木駿之介(青森山田高校→慶應義塾大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=180925_130234&ct=0002

第18回 小山内慎一郎(青森山田高校→慶應義塾大学1年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=181004_153643&ct=0002

第19回 鍵山慶司(青森山田高校→東洋大学1年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=181023_105354&ct=0002

第20回 丹代藍人(青森山田高校→東洋大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=181106_102233&ct=0002

第21回 菊池流帆(青森山田高校→大阪体育大学4年)~第2弾
http://aomori-goal.com/column/?sc=181201_105732&ct=0002

第22回 平松遼太郎(青森山田高校→IPU・環太平洋大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=190109_113723&ct=0002

第23回 蓑田 広大(青森山田高校→法政大学1年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=190226_112441&ct=0002

第24回 堤 賢太(八戸学院光星高校→八戸学院大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=190510_130228&ct=0002

第25回 住永 翔(青森山田高校→明治大学3年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=190529_203401&ct=0002

第26回 三國スティビアエブス(青森山田高校→順天堂大学3年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=190619_205253&ct=0002

第27回 近藤瑛佑(青森山田高校→桐蔭横浜大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=190715_183234&ct=0002

第28回 二階堂正哉(青森山田高校→新潟医療福祉大学1年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=190719_105826&ct=0002

第29回 横濱 菜奈(明成高校→八戸学院大学女子サッカー部4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=191021_121955&ct=0002

第30回 小野 隼平(弘前高校→東京学芸大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=191104_205807&ct=0002

第31回 波塚勇平(青森山田高校→日本体育大学4年)・三國スティビアエブス(青森山田高校→順天堂大学3年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=191121_150648&ct=0002

第32回 最上 達也(青森高校→東京学芸大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=191201_184909&ct=0002

※学年は掲載時点のものです。

BACK NUMBER


  • AOMORI GOAL VOL.67

  • AOMORI GOAL VOL.66

  • AOMORI GOAL VOL.65

  • AOMORI GOAL VOL.64

  • AOMORI GOAL VOL.63

  • AOMORI GOAL VOL.62

  • AOMORI GOAL VOL.61

  • AOMORI GOAL VOL.60

  • AOMORI GOAL VOL.59

  • AOMORI GOAL VOL.58