MENU

メニューを閉じる
TOP
年間購読の
ご案内
ご購入
バックナンバー
取り扱い書店
大会情報
大会情報
> 一覧ページ > 1種(社会人) > 1種(大学・高専) > 2種(高校生) > 3種(中学生) > 4種(小学生) > 女子 > キッズ > フットサル > イベント(協会・その他)
コラム
> ウェブ掲載コラム > 大学サッカー通信 > フリースタイル
関連リンク
編集部
お問合せ

ウェブ連載コラム

大学サッカー通信

第39回 大学サッカー通信 ~住永 翔(青森山田高校→明治大学4年)~

2020年07月09日
第39回 住永 翔(青森山田高校→明治大学4年)






すみなが かける
北海道出身。コンサドーレ札幌U-15から青森山田高校に進学。2年時からレギュラーを掴み、3年時にはキャプテンを務めた。高円宮杯U-18サッカーリーグ2016チャンピオンシップで優勝。この年の高校選手権でも優勝し、高校年代2冠を達成。同大会の優秀選手に輝いた。







取材・写真・文:安藤 隆人

取材日:2020年7月5日(日)
関東大学サッカーリーグ1部 開幕戦 明治大学 vs 駒澤大学
@流通経済大学龍ケ崎フィールド


掲載号VOL.38、39、40、41、43、44





 2016年度の選手権で2分50秒の選手宣誓をして話題を呼び、青森山田高史上初の高円宮杯プレミアリーグ優勝、選手権優勝の2冠を達成した代のキャプテン・住永翔。大学サッカー界の名門である明治大に進学し、早くも4年目。最高学年を迎えていた。







 鳴り物入りで明治大に入学するも、選手層の厚さの前に苦しんだ。特に昨年は9人(安部柊斗、中村帆高・共にFC東京、森下龍矢・サガン鳥栖、瀬古樹・横浜FC、加藤大智・愛媛FC、小野寺健也・モンテディオ山形、佐藤亮・ギラヴァンツ北九州、川上優樹・ザスパクサツ群馬、中村健人・鹿児島ユナイテッドFC)ものJリーガーが誕生し、関東大学リーグ、総理大臣杯、インカレと3冠を果たした最強世代とあって、彼の出番は多く訪れなかった。リーグ戦スタメンは4試合。ベンチ外の試合もあった。


 「明治大は物凄く層が厚くて、サッカーのエリートの集まりで、それぞれストロングポイントを持っている選手が多い。一緒にトレーニングしているだけでもサッカーが楽しかったし、そこに関しては明治大に来て間違いではなかったと思う一方で、自分のストロングポイントを考え直した。基礎技術は負けていないし、ボールに絡んで味方の特徴を引き出すパスを出すことが武器というのは再認識できました。ただ、守備の部分は足りていなかった。明治大は球際、1対1のデュエルにこだわっているチームなので、監督の信頼をそこで掴みきれなかったので、磨いていくことを意識しました」。


 そして今年、住永は「プロになるために勝負の年」と、自らの将来をかけて大学生活最後のシーズンを迎えたが、新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、思い描いていたものとは違う展開になっていった。練習が中断し、リーグ戦の開幕も延期、総理大臣杯も中止になった。


 アピールする場がどんどん失われる中で、仲間たちは次々とJクラブに内定が決まっていく。だが、自分にはまだ一切声がかかっていない。


 「昨年から主軸として出ていた選手はビッグクラブの加入が決まっていて、正直焦りがないと言われたら嘘になる。でも、今自分ができることは、きちんとコンディションを整えて、試合に出続けること。もしかすると本気でやるサッカーは今年で最後になる可能性があるので、1日1日を無駄にしないようにしていきたい」。


 周りの関係者の尽力もあり、7月5日についに関東大学サッカーリーグ1部が開幕をした。駒澤大というロングボールとパワーに秀でたチームが相手とあって、明治大は【4-4-2】を選択。ダブルボランチのタスクはセカンドボールを回収することになったため、パスセンスのある彼はベンチスタートとなった。だが、1-0で迎えた58分に投入されると、システムも慣れ親しんだ【3-2-3-2】に切り替わり、住永がポゼッションの中枢として機能したことによって、相手に行きかけていた流れを取り戻すことに成功。1点のリードを守り切って、開幕戦勝利を飾った。







 「本当にこうして開幕を迎えられたことに心から感謝したいと思います。今日の試合は途中出場でゲームコントロールをして、1-0のまま終わらせることが僕の役割だったので、そこはきちんとこなせた手応えはあります。多くボールを触ることを意識して、守勢にならずに攻撃を構築することを意識して出来ました。ただ、まだまだ満足はしていません。やっぱりどの試合であってもスタメンで出場したいので、来週の試合に向けて準備していきたい」。


 試合後、彼はこう語ると、ようやく与えられたアピールの場に感謝をしつつ、これからの展望をはっきりと口にした。


 「プロサッカー選手に対する思いは小さな頃から変わっていないし、今まで一緒にサッカーをやってきた選手がプロのピッチで活躍する姿を見て、自分も早くそこにいきたいと思っています。ただ、もしプロサッカーになることが厳しいのであれば、北海道に帰って実家の農家を継ぐつもりです。もちろん諦めたわけではなくて、明治大は他の大学に比べてもスカウトの見る目が違うのは感じているので、チャンスは一番ある場所だと思っています。だからこそ、ここで試合に出続けて、勝ち続けることが大事だし、そこが自分をアピールする最大のポイントだと思う。自分、チームをどうリンクさせるかを意識して、これから最後まで全力にやり抜きたいと思います」。


 ラストチャンス。人生をかけて、青森山田を栄光の地へと導いた男が、自身の夢に向かって全力で走り出した。








■関連記事はこちら■
大学サッカー通信

第1回 中井建太(青森山田高校→慶應義塾大学4年)
http://www.aomori-goal.com/info/?sc=170515_185733

第2回 石井光(青森山田高校→中央大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=170531_144513&ct=0002

第3回 原山海里(青森山田高校→東京学芸大学2年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=170625_160249&ct=0002

第4回 八戸雄太(青森山田高校→桐蔭横浜大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=170801_190939&ct=0002

第5回 山下優人(青森山田高校→桐蔭横浜大学3年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=170809_151615&ct=0002

第6回 田中雄大(青森山田高校→桐蔭横浜大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=170822_132513&ct=0002

第7回 川口大翔(青森山田高校→仙台大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=170901_124511&ct=0002

第8回 田名部大希(八戸学院光星高校→八戸学院大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=171001_192820&ct=0002

第9回 山田武典(青森山田高校→青山学院大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=171031_200014&ct=0002

第10回 菊池流帆(青森山田高校→大阪体育大学3年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=171119_141646&ct=0002

第11回 北城俊幸(青森山田高校→慶應義塾大学)× 奥山大(八戸高校→慶應義塾大学)前編
http://aomori-goal.com/column/?sc=171126_062358&ct=0002

第11回 北城俊幸(青森山田高校→慶應義塾大学)× 奥山大(八戸高校→慶應義塾大学)後編
http://aomori-goal.com/column/?sc=171126_064223&ct=0002

第12回 酢﨑祥人(青森山田高校―常葉大学浜松キャンパス4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=180116_183200&ct=0002

第13回 霞恵介(青森山田高校―新潟医療福祉大学3年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=180208_112939&ct=0002

第14回 中村祥旗(青森山田高校→北陸大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=180531_192619&ct=0002

第15回 霞恵介(青森山田高校→新潟医療福祉大学4年)~ 第2弾
http://aomori-goal.com/column/?sc=180710_181409&ct=0002

第16回 小笠原学(青森山田高校→早稲田大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=180824_154958&ct=0002

第17回 松木駿之介(青森山田高校→慶應義塾大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=180925_130234&ct=0002

第18回 小山内慎一郎(青森山田高校→慶應義塾大学1年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=181004_153643&ct=0002

第19回 鍵山慶司(青森山田高校→東洋大学1年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=181023_105354&ct=0002

第20回 丹代藍人(青森山田高校→東洋大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=181106_102233&ct=0002

第21回 菊池流帆(青森山田高校→大阪体育大学4年)~第2弾
http://aomori-goal.com/column/?sc=181201_105732&ct=0002

第22回 平松遼太郎(青森山田高校→IPU・環太平洋大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=190109_113723&ct=0002

第23回 蓑田 広大(青森山田高校→法政大学1年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=190226_112441&ct=0002

第24回 堤 賢太(八戸学院光星高校→八戸学院大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=190510_130228&ct=0002

第25回 住永 翔(青森山田高校→明治大学3年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=190529_203401&ct=0002

第26回 三國スティビアエブス(青森山田高校→順天堂大学3年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=190619_205253&ct=0002

第27回 近藤瑛佑(青森山田高校→桐蔭横浜大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=190715_183234&ct=0002

第28回 二階堂正哉(青森山田高校→新潟医療福祉大学1年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=190719_105826&ct=0002

第29回 横濱 菜奈(明成高校→八戸学院大学女子サッカー部4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=191021_121955&ct=0002

第30回 小野 隼平(弘前高校→東京学芸大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=191104_205807&ct=0002

第31回 波塚勇平(青森山田高校→日本体育大学4年)・三國スティビアエブス(青森山田高校→順天堂大学3年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=191121_150648&ct=0002

第32回 最上 達也(青森高校→東京学芸大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=191201_184909&ct=0002

第33回 嵯峨 理久(青森山田高校→仙台大学3年)
→aomori-goal.com/column/?sc=191212_130448&ct=0002

第34回 工藤 聖人(青森山田高校→仙台大学3年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=191212_135653&ct=0002

第35回 三文字 瑠衣(青森山田高校→新潟医療福祉大学1年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=191214_100021&ct=0002

第36回 蛯名 航平(八戸高校→東京学芸大学2年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=191222_211637&ct=0002

第37回 原山海里(青森山田高校→東京学芸大学4年)
http://aomori-goal.com/column/?sc=200109_202228&ct=0002

第38回 住田 将(青森山田高校→東京学芸大学2年)
https://aomori-goal.com/column/?sc=200216_124627&ct=0002


※学年は掲載時点のものです。

BACK NUMBER


  • AOMORI GOAL VOL.67

  • AOMORI GOAL VOL.66

  • AOMORI GOAL VOL.65

  • AOMORI GOAL VOL.64

  • AOMORI GOAL VOL.63

  • AOMORI GOAL VOL.62

  • AOMORI GOAL VOL.61

  • AOMORI GOAL VOL.60

  • AOMORI GOAL VOL.59

  • AOMORI GOAL VOL.58