MENU

メニューを閉じる
TOP
年間購読の
ご案内
ご購入
バックナンバー
取り扱い書店
大会情報
大会情報
> 一覧ページ > 1種(社会人) > 1種(大学・高専) > 2種(高校生) > 3種(中学生) > 4種(小学生) > 女子 > キッズ > フットサル > イベント(協会・その他)
コラム
> ウェブ掲載コラム > 大学サッカー通信 > フリースタイル
関連リンク
編集部
お問合せ

NEWS&TOPICS

NEWS&TOPICS

現在発売中のVOL.45からサッカージャーナリスト『安藤隆人が行く』を少しだけ紹介します!

2017年05月16日
プーマカップ前橋/サニックス杯/ガバナーカップ
この3つのフェスティバルを終えた青森山田高校について




皆さんこんにちは!
 2、3月で僕は実に10ものフェスティバルを取材してきました!そのうちの3つで青森山田を取材したのですが、この3つのフェスティバルを通じて、今年のチームが着実に良くなって行く過程を見ることができました。

 最初に取材したのが3月11日から12日にかけて群馬県で行われた『プーマカップ前橋』。このフェスティバルに青森山田は初めて参加しました。というのも、この大会の主催者は前橋育英。そうです、昨年度の選手権で青森山田が決勝で戦った相手です。

 「このタイミングで青森山田と戦うのは、我々にとって意味あること」と前橋育英・山田耕介監督が語ったように、前橋育英からの『再戦状』を受けた形となったのでした。
 青森山田にとってこのフェスティバルが雪深い青森を離れ、緑の映えるフルコートのピッチで試合をする初の機会。2月上旬の東北新人大会決勝を最後に実戦から遠ざかっていた選手たちにとって、いきなりの試合が全国トップレベルのチームが集まったこのフェスティバルとなったのです。加えて、大会前日の10日に青森をバスで出て、到着したのが試合当日の8時頃。車中泊からの試合ですから、コンディションは正直厳しいものがありました。

 初戦のジェフユナイテッド千葉Uー18戦は、そのコンディションの悪さがモロに出て1ー2の敗戦。「反省点ばかり」(MF郷家友太選手)と、選手達の表情は暗かったのですが、翌日の午前に組み込まれた前橋育英vs青森山田の試合になると、表情は一変していました。
試合前のアップから両チームともに気合い十分。「向こうは絶対に勝つという気持ちで臨んでくると思う。僕らもそれに飲まれてはいけない」(DF小山内慎一郎選手)と、気迫がぶつかりあっていました。
いざ試合が始まると、前半は前橋育英ペース。日本高校選抜の合宿で主軸3人を欠くも、彼ら以外は昨年のレギュラーが多く残り、今年の優勝候補にも挙げられる前橋育英の攻撃の前に、青森山田は後手に回り、前半を0ー2で折り返しました。
 しかし、ハーフタイムに正木宣昌コーチの檄を受けたチームは、後半になると見違えるような動きを見せるようになります。65分(試合は35分ハーフ)に小山内選手の縦パスを、MF堀脩大選手がDFを背負いながら受けて、反転からスルーパス。これに反応した2年生FW三國ケネディエブス選手が長い足を伸ばして、GKとの1対1を制し、反撃の狼煙を上げるゴール。そこからさらに猛攻を仕掛けると、後半アディショナルタイムに右FKから郷家選手が押し込んで同点ゴール。GK飯田雅浩選手もゴール前に上がっての気迫のセットプレーからのゴールは、まさに彼らの粘り勝ちでした。試合は2ー2のドロー。この一戦で選手たちは成長の階段を一段上がりました。

 2 回目はサニックス杯国際ユースサッカー。この大会は黒田剛監督も来ていて、本格始動の大会となりました。しかし、サニックス杯は厳しい結果に終わりました。グループリーグで流通経済大柏と東福岡に敗れ、3位で終わると、下位トーナメントでも神村学園に敗れ、昨年3位のサニックス杯で13位に終わりました。
 「やっぱり力がないことを思い知らされた」と小山内キャプテンは語りましたが、サニックス杯から4日後の3月23日に兵庫県で開催されたガバナーカップで大きな変化が起こりました。それは柏レイソルUー18のエースであり、Uー19日本代表FWの中村駿太選手が編入し、この大会からチームに合流したことです。
.



(続く)

(ここに掲載した写真は、プレミアリーグ第2節、第4節で撮影したものです)

*この記事の完全版は、発売中の青森ゴールVOL.45に掲載しています。
ぜひ誌面にてご確認ください。
http://www.aomori-goal.com/buy/



.
安藤隆人(あんどう・たかひと)
 1978年2月9日生まれ。岐阜県出身。5年半の銀行員生活を経て、フリーサッカージャーナリストに転身。長年、ユース年代を取材し、日本全国、世界各国を飛び回り、膨大な量の取材を重ね、巷では『ユース教授』と呼ばれるようになる。2013年5月から1年間、週刊少年ジャンプで『蹴ジャン!SHOOT JUMP!』を連載。ほかはNumber、サッカーダイジェスト、スポーツナビ、サッカーキング、ゲキサカなど、多くの雑誌、新聞、Web 媒体に寄稿。中学校や高校などでの講演会も精力的に行っている。



青森ゴールHPで閲覧できる、大学サッカーで活躍する青森県ゆかりの選手に焦点を当てる『大学サッカー通信』。
このWeb連載にも度々登場します。


サッカージャーナリスト安藤隆人、青森山田高校の関連記事はこちら

■大学サッカー通信 ~中井建太(青森山田高校→慶應義塾大学4年)~
http://www.aomori-goal.com/info/?sc=170515_185733

■現在発売中のVOL.45から高円宮杯U-18サッカーリーグ『激動の最高峰リーグ』を掲載します!
http://www.aomori-goal.com/info/?sc=170511_115759

■第70回 青森県高等学校総合体育大会サッカー競技 組み合わせ
http://www.aomori-goal.com/info/?sc=170510_191305





青森ゴールVOL.45、その他の内容はこちらへどうぞ→http://www.aomori-goal.com/info/?sc=170217_180908

青森ゴールは青森県内の書店、スポーツ店、コンビニエンスストア、ユニバース全店で購入できます。
県外にお住まいの方やバックナンバーをお求めの方は、青森ゴールHPから購入できますのでぜひご覧ください。
http://www.aomori-goal.com/buy/

BACK NUMBER


  • 2024 青森山田高校 2冠達成記念号

  • AOMORI GOAL VOL85

  • AOMORI GOAL CUP 2023 特別号

  • AOMORIGOAL VOL.84

  • AOMORI GOAL VOL.83

  • AOMORI GOAL VOL.82

  • AOMORI GOAL VOL.81

  • AOMORI GOAL VOL.80

  • AOMORI GOAL.VOL.79

  • AOMORI GOAL VOL.78