MENU

メニューを閉じる
TOP
年間購読の
ご案内
ご購入
バックナンバー
取り扱い書店
大会情報
大会情報
> 一覧ページ > 1種(社会人) > 1種(大学・高専) > 2種(高校生) > 3種(中学生) > 4種(小学生) > 女子 > キッズ > フットサル > イベント(協会・その他)
コラム
> ウェブ掲載コラム > 大学サッカー通信 > フリースタイル
関連リンク
編集部
お問合せ

NEWS&TOPICS

NEWS&TOPICS

現在発売中のVOL.46から、『青森県縁の蹴球人』を掲載します!

2017年07月07日
 青森県外で活躍している県出身者、青森県に縁のある現役選手や指導者など、
様々な形でサッカーに携わっている方々を紹介するページです。
 今回は2人の蹴球人を紹介します。




夢は、障がい者のための‥



元CPサッカー日本代表 
相馬 勇樹
.



 2016年4月1日、日本障がい者サッカー連盟が発足された。
 これは、「日本アンプティサッカー協会(切断障がい)」「日本CP(Cerebral Palsy)サッカー協会(脳性麻痺)」「日本ソーシャルフットボール協会(精神障がい)」「日本知的障がい者サッカー連盟」「日本電動車椅子サッカー協会(重度障がい等)」「日本ブラインドサッカー協会(視覚障がい)」「日本ろう者サッカー協会(聴覚障がい)」の7つに及ぶ組織が統合されたものである。

 近年注目を集めつつあるブラインドサッカーの他にも、以上のように、たくさんの障がい者のサッカーがあるのだ。
 その中の一つであるCPサッカーは、脳性麻痺の障がいを持つ人がプレーするサッカーである。脳性麻痺とひとくくりにしても、その程度や、障がいのある箇所は異なる。そのため、クラス分けを実施して、試合の公平性を整える場合もある。

CPサッカー選手、相馬勇樹

 そんなCPサッカーの選手としてプレーしているのが、今回紹介する相馬勇樹さんだ。「生まれつきの左半身麻痺」だという彼がCPサッカーに出会ったのは、高校生の時。当時の担任の先生に教えられ、その存在を知った。

 「高校卒業後に、社会人サッカーのチームに所属するという選択肢もあったんですが、自分と同じ障がいを持つ人たちとサッカーがしたいなと思って。今はあるCPサッカーのチームに所属しています」
 現在、生まれ故郷の青森から出て、埼玉で一人暮らしをしている相馬さん。働きながら、CPサッカーの活動にも精力的に関わる。その意欲はどこからくるのだろう。
 「CPサッカーを始める前は、普通のサッカーをしていました。初めてプレーしたのは中学生の時です。戸山中学校のサッカー部でした。結構強かったんですよ? まあ、青森山田中学校にサッカー部ができてからは、勢力が逆転されたんですが(笑)。
 高校進学を前に、もっと上手くなりたいと思ったんです。ただ流されるように練習してもダメだと。自分から意欲的にならないとダメだと思ったんです。というのも、その時のサッカーに打ち込む原動力が、 ”私をいじめていた人たちを将来見返す “というもので。そういう反骨心でやっていたんです。
 そんな気持ちで、いざ高校に入学してみると、サッカー部がない。仕方ないので、同好会を作って活動を始めて、三年の時にやっと部活動として認められました。 (今も東奥学園サッカー部は、存続している)
 それで、同窓会の時に久しぶりに会ったんです、当時私をいじめていた人に。その時の帰りに、『昔はごめんね』と言われて。嬉しかった反面、 ”見返してやる “という自分の考えが間違っていたんだなとも思いました。サッカー以前に、人として弱かったんだと思います。もっと精神的に強くなろうと思いました」

(続く)


.
.











多くの方に知ってもらいたい!


ブラインドサッカーをゆるくサポート
高橋 美恵子
.


 ブラインドサッカーでは主に、転がると音のなるボールや、監督、GK、そして「ガイド」と呼ばれるスタッフ(ゴールの後ろに立っている)の指示によって、ボールの位置や、対戦相手の位置を把握し、ゴールに迫る。
 トップクラスの選手になると、常人には聞き取れない微かな音を拾って、ゴールを奪う。そのため、観客は些細な音も出さないよう、石のように固まり、固唾を飲んでボールの行方を見守る。
 一度ゴールが決まると、それまでの静寂から一転、歓声で会場が埋め尽くされる。ブラインドサッカーはいわば、 "聴覚で戦うサッカー "なのだ。

 
 
 高橋美恵子さんは、2010年のW杯南アフリカ大会を契機にサッカーにはまり、今や立派な川崎フロンターレのサポーターだ。サッカーを通じて知り合った仲間は数多い。チームの垣根を越え、サポーター同士が繋がることで、 "サッカー "を共有できる友人が増えていくところに、このスポーツの魅力があるという。
 そんな彼女とサッカーとの関わりを広げた要因の一つに、「ちょんまげ隊」の存在がある。
 ちょんまげ隊とは、角田寛和さんが中心となって、サッカーに関わる様々な活動をしている団体の通称だ。角田さんがSNSなどで活動を呼びかけ、それに賛同した方々が一期一会で集まり、その時間を共有するというスタイルで、日本サッカー界のあらゆる場所に顔を出している(そのため、団体といっても組織化はされていない)。
 中でも、東日本大震災に関する被災地報告会は継続して行われており、海外でも開催されている。
 サッカーファンなら、一度は耳目に触れたことがあるであろう、ちょんまげ隊。高橋さんも、東日本大震災のボランティア活動に参加した際に、ちょんまげ隊の面々と出会い、それから親しくしているという。
 このちょんまげ隊が、ブラインドサッカーと高橋さんを繋げた。
 「ちょんまげ隊の方々が現地に応援しに行っていた、ブラインドサッカーアジア選手権のことをブログやニュースで知ったんです。この時、初めて代表選手たちの活躍を見て、興味を持ちました。
 その頃から『ブラインドサッカーをいつかは生で見てみたい!』と思っていて、2012年3月、東京で開催された "フィアット・カルチョ "という、ブラインドサッカーのクラブ選手権を観に行きました。
 目の見えない選手たちが激しく戦う姿を間近で見て、とても楽しかったという思いと、ブラインドサッカーのことをもっと知りたいという気持ちが湧き上がったんです」
 彼女はブラインドサッカーの魅力をこう語る。
 「試合中の "音 "を頼りにプレーするスポーツなので、応援も決まった場面でしか声を出せません。静かな空気から、一気に盛り上がったりして、観ている側も普段のサッカー観戦以上にハラハラするんです」


(続く)

.
.



*残りのインタビューや取材時に撮影した写真を合わせて掲載した完全版は、
発売中の青森ゴールVOL.46に掲載しています。ぜひ誌面にてご確認ください。
http://www.aomori-goal.com/buy/


また、デジタルマガジンでは、雑誌では少しだけの紹介だった『青森県縁の蹴球人』を4ページ増やし、デジタルマガジンでしか見ることのできない写真なども掲載しています。ぜひご覧ください!


関連記事はこちら

■6月25日発売のVOL.46、デジタルマガジンの紹介!
https://aomori-goal.com/info/?sc=170625_173022&ct=0001



こちらからご購入することができます
富士山マガジンサービス
http://www.fujisan.co.jp/product/1281691519/


青森ゴールVOL.46、その他の内容はこちらへどうぞ
https://aomori-goal.com/nowonsale/


青森ゴールは青森県内の書店、スポーツ店、ユニバース全店で購入できます。
県外にお住まいの方やバックナンバーをお求めの方は、青森ゴールHPから購入できますのでぜひご覧ください。
http://www.aomori-goal.com/buy/

BACK NUMBER


  • AOMORI GOAL VOL.47

  • AOMORI GOAL VOL.46

  • AOMORI GOAL VOL.45

  • 【完全保存版】2冠達成記念号 青森山田高校サッカー部2016

  • AOMORI GOAL VOL.44

  • AOMORI GOAL VOL.43

  • AOMORI GOAL VOL-42

  • AOMORI GOAL VOL-41

  • AOMORI GOAL VOL-40

  • AOMORI GOAL VOL-39

  • AOMORI GOAL VOL-38

  • AOMORI GOAL VOL-37

  • AOMORI GOAL VOL-36

  • AOMORI GOAL VOL-35

  • AOMORI GOAL VOL-34

  • AOMORI GOAL VOL-33

  • AOMORI GOAL VOL-32

  • AOMORI GOAL VOL-31

  • AOMORI GOAL VOL-30

  • AOMORI GOAL VOL-29

  • AOMORI GOAL VOL-28

  • AOMORI GOAL VOL-27

  • AOMORI GOAL VOL-26

  • AOMORI GOAL VOL-25

  • AOMORI GOAL VOL-24

  • AOMORI GOAL vol-23

  • AOMORI GOAL vol-22

  • AOMORI GOAL vol-21

  • AOMORI GOAL Vol.20
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.19

  • AOMORI GOAL Vol.18

  • AOMORI GOAL Vol.17

  • AOMORI GOAL Vol.16

  • AOMORI GOAL Vol.15

  • AOMORI GOAL Vol.14
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.13

  • AOMORI GOAL Vol.12
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.11

  • AOMORI GOAL Vol.10

  • AOMORI GOAL Vol.09

  • AOMORI GOAL Vol.08
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.07
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.06

  • AOMORI GOAL Vol.05

  • AOMORI GOAL Vol.04

  • AOMORI GOAL Vol.03

  • AOMORI GOAL Vol.02

  • 青森ゴール創刊号 Vol.01

  • 創刊準備特別号