MENU

メニューを閉じる
TOP
年間購読の
ご案内
ご購入
バックナンバー
取り扱い書店
大会情報
大会情報
> 一覧ページ > 1種(社会人) > 1種(大学・高専) > 2種(高校生) > 3種(中学生) > 4種(小学生) > 女子 > キッズ > フットサル > イベント(協会・その他)
コラム
> ウェブ掲載コラム > 大学サッカー通信 > フリースタイル
関連リンク
編集部
お問合せ

NEWS&TOPICS

NEWS&TOPICS

ヴァンラーレ八戸FC 監督の復帰までの間の指揮は東純一郎ヘッドコーチ。強化部長は「今季の監督は葛野昌宏しか考えていない」。

2018年08月03日
8月3日(金)、JFLのヴァンラーレ八戸は、7月29日に行われた試合後に救急搬送された葛野昌宏監督の現在の容態とトップチームの今後の体制について記者会見を開いた。

冒頭では、菅原康平取締役事業統括本部長から葛野昌宏監督の容態が発表され、現在は会話も出来る状態、安定した回復を見せているとしながらも「現場復帰の見通しては立っていない。葛野監督の体調、主治医のお話をしっかり聞きながら、いつ、どのタイミングで復帰するかは改めてご報告したい」とコメント。

その後、下平賢吾強化部長から、療養中の葛野監督に代わり、トップチームの指揮を東純一郎ヘッドコーチに任せることが発表された。
「東ヘッドコーチに、トレーニング、試合の指揮を執って頂く方針です。そして、葛野監督の復帰を待ちたい」。
続けて、下平強化部長は、葛野監督と手術を受ける前に言葉を交わしたことを明かし「彼から最初に出てきた言葉は『チームはどうなっている?』、『選手は動揺していないか?』ということでした。『必ず戻るから』と。私も戻ってくると信じていますし、選手たちもその言葉を信じて、またここで一つになって残りのリーグ11試合を戦いたいと思っています。今季のヴァンラーレ八戸の監督は、葛野昌宏しか考えていない」と葛野監督の復帰を待つ考えを強調した。

記者から、他の選択肢もある中で今回の決断に至った経緯を問われると「私もクラブの立ち上げから関わらせて頂いて、数々の決定を迫られる状況がありましたが、今回ほど悩まずに続投、復帰を待つという決定に至ったことはなかったです。選手、監督、スタッフが、チームが始動した1月から積み上げてきたものに一切ブレがない。今までやってきたことを続けていくことが、J3昇格への一番の近道だと確信しています」とこれまでの葛野監督の手腕を高く評価し、絶大な信頼を寄せた。

東ヘッドコーチに関しても「葛野のやりたいこと、戦術、チームの作り方、考え方、全て理解していると思っています。スムーズに今まで通りやっていけると確信しています。東とも色々と話はしましたが、彼と葛野の関係は本当に深いものがあるので、自分がやらなきゃという思いは持っていると思います」と長年、葛野監督をコーチとして支えてきた東ヘッドコーチに期待を寄せた。

東ヘッドコーチはクラブの公式HPを通じ「残り11試合厳しい戦いが続きますが、こういう時だからこそチームが一つにまとまり一体感を出すことが重要だと思っています。J3昇格という目標を必ず達成したいと思いますので、皆様の厚いご声援よろしくお願いします」とコメントを発表した。



関連記事

■今季、最後の青森ダービーは、ヴァンラーレ八戸が4発快勝!〈JFL 2 ndステージ第4節〉
https://aomori-goal.com/category/?sc=180729_200748&ct=0001



■最新号の青森ゴールVOL.52(紙媒体/デジタルマガジン)の内容はこちらからご覧になれます。
https://aomori-goal.com/nowonsale/


★デジタルマガジン
「AOMORI GOAL」デジタルマガジンは、雑誌では載せきれなかった写真をフォトギャラリーとして掲載しています。ぜひお買い求めください!


★クレジット決済のご案内
「AOMORI GOAL」雑誌、デジタルマガジンは
県外の方やお近くに販売店がない方はインターネットから購入することができます。その際、クレジット決済することも可能です。

■デジタルマガジン/クレジット決済をご希望の方は、こちらから購入してください。
雑誌のオンライン書店「富士山マガジンサービス」
http://www.fujisan.co.jp/product/1281691519/


★読者プレゼント
読者プレゼントも充実しております。年間定期購読の方限定のプレゼントもありますので、
ご応募お待ちしております!5月中まで応募可能です!

青森ゴールは青森県内の書店、スポーツ店、ユニバース全店で購入できます。
県外にお住まいの方やバックナンバーをお求めの方は、青森ゴールHPから購入できますのでぜひご覧ください。
http://www.aomori-goal.com/buy/

BACK NUMBER


  • AOMORI GOAL VOL.53

  • AOMORI GOAL VOL.52

  • AOMORI GOAL VOL.51

  • AOMORI GOAL VOL.50

  • AOMORI GOAL VOL.49

  • AOMORI GOAL VOL.48

  • AOMORI GOAL VOL.47

  • AOMORI GOAL VOL.46

  • AOMORI GOAL VOL.45

  • 【完全保存版】2冠達成記念号 青森山田高校サッカー部2016

  • AOMORI GOAL VOL.44

  • AOMORI GOAL VOL.43

  • AOMORI GOAL VOL-42

  • AOMORI GOAL VOL-41

  • AOMORI GOAL VOL-40

  • AOMORI GOAL VOL-39

  • AOMORI GOAL VOL-38

  • AOMORI GOAL VOL-37

  • AOMORI GOAL VOL-36

  • AOMORI GOAL VOL-35

  • AOMORI GOAL VOL-34

  • AOMORI GOAL VOL-33

  • AOMORI GOAL VOL-32

  • AOMORI GOAL VOL-31

  • AOMORI GOAL VOL-30

  • AOMORI GOAL VOL-29

  • AOMORI GOAL VOL-28

  • AOMORI GOAL VOL-27

  • AOMORI GOAL VOL-26

  • AOMORI GOAL VOL-25

  • AOMORI GOAL VOL-24

  • AOMORI GOAL vol-23

  • AOMORI GOAL vol-22

  • AOMORI GOAL vol-21

  • AOMORI GOAL Vol.20
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.19

  • AOMORI GOAL Vol.18

  • AOMORI GOAL Vol.17

  • AOMORI GOAL Vol.16

  • AOMORI GOAL Vol.15

  • AOMORI GOAL Vol.14
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.13

  • AOMORI GOAL Vol.12
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.11

  • AOMORI GOAL Vol.10

  • AOMORI GOAL Vol.09

  • AOMORI GOAL Vol.08
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.07
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.06

  • AOMORI GOAL Vol.05

  • AOMORI GOAL Vol.04

  • AOMORI GOAL Vol.03

  • AOMORI GOAL Vol.02

  • 青森ゴール創刊号 Vol.01

  • 創刊準備特別号