MENU

メニューを閉じる
TOP
年間購読の
ご案内
ご購入
バックナンバー
取り扱い書店
大会情報
大会情報
> 一覧ページ > 1種(社会人) > 1種(大学・高専) > 2種(高校生) > 3種(中学生) > 4種(小学生) > 女子 > キッズ > フットサル > イベント(協会・その他)
コラム
> ウェブ掲載コラム > 大学サッカー通信 > フリースタイル
関連リンク
編集部
お問合せ

NEWS&TOPICS

NEWS&TOPICS

青森市役所駅前庁舎にラインメールカフェが期間限定でオープン!

2018年08月21日
8月20日(月)、青森市役所駅前庁舎(旧アウガ)1階の駅前スクエアに、JFLラインメール青森FCをPRする「ラインメールカフェ」がオープンしました! 
青森市とラインメール青森が協力し、ラインメール青森の情報発信の一環としてオープンしたこのカフェ内には、ラインメール青森の試合日程や選手情報などが展示され、応援グッズ、コーヒーやアップルパイなどの軽食も販売。期間限定で、第1回となる今回は24日(金)までの開催となっていますが、今後もラインメールのホーム戦に合わせて月1回ほどの開催が予定されています。
(開催時間 9:00~18:00)

13時から行われたオープニングセレモニーには、青森市の小野寺市長、ラインメール青森の榊代表、新加入選手を含む選手4名が出席。MF㉒阿部龍月選手がラインメールカフェの見どころを紹介し、9月に行われるホーム3連戦の日程を紹介したMF⑲根本圭輔選手は「ぜひ会場にお越しいただき、一緒に勝利を目指しましょう!」と観戦を呼びかけました。

その後、13時半からは4選手のトークショーが行われました。
J3福島ユナイテッドFCから期限付き移籍のMF橋本裕貴選手。
「得点に絡むプレーや、足元の技術が武器だと思っています。自分の力を最大限発揮して、少しでも順位を上に上げられたらいいなと思います。個人的にも、ゴールやアシストでチームに貢献したいと思います。応援よろしくお願いします」
ドイツのチームから完全移籍で加入したMF酒井将史選手。
「僕はボランチで、相手の攻撃を潰して前にボールを供給していくというプレーに重きを置いているので、そこに注目してもらえれば。シーズン途中の加入なので、すぐチームに溶け込んでチームのためになれるように頑張ります。このチームと一緒にJリーグに上がれるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」
2年目のMF⑲根本圭輔選手(写真左)と、この春福岡県の高校を卒業し、チームに加入したMF㉒阿部龍月選手(写真右)。
「1年目は試合に絡むことはなかったんですが、2年目に入ってから徐々に試合にも絡めるようになっているので、スタメンで出られるように頑張ります。セカンドステージに入ってからここまで勝ちがないので、負けなしで行けるように頑張りたいのと、個人的にはゴールを決められるように頑張ります」(根本)
「目標は、今年中に試合に出ること。まずそこからやっていきたいと思います。先輩方に負けないように、すぐにでもメンバーに選ばれて試合に出られるように、勝利に貢献できるように頑張っていきます」(阿部)

このあと選手によるリフティングが披露され、子供たちとの握手会も行われるなど、集まった市民は選手との交流を楽しみました。
17時からのトークショーには、今季新加入の3選手が登場。
2月から勉強を始めたという日本語でしっかりと話していた、韓国出身のDF㉓辛太漢選手(写真右)。青森の良い所を聞かれて「Aファクトリーのりんごパイを食べて、美味しかったです。ねぶたは初めて見ました。めちゃくちゃすごかったです!」と笑顔を見せていました。

弘前市東目屋出身のDF㉔繁田康平選手(写真中央)。チームでただ一人の青森県内出身者ですが、弘前市で中学3年まで過ごした後県外に出たため、青森市についてはラインメールに加入して初めて知ることが多かったそうです。
「今年の夏浅虫の海に行って、すごくきれいだなと。こういう所が青森市にあったんだ!と思って、また行きたいなと思いました。自分はまだメンバーに1回も入っていませんが、ここから1試合でも絡めるように、練習から全力でやるだけです。太田徹郎選手や中原貴之選手といったJ1を経験した選手が良い刺激を与えてくれているので、若手も良いところを吸収して、どんどんスタメンの座を奪えるように。お互いが切磋琢磨し合える環境にあるのはすごく良いことだと思います」

埼玉県出身のFW㉓田中康平選手(写真左)は、2月に青森に来て「想像していた以上に雪がすごいな」と感じたそうです。「ねぶた祭りは有名な祭りだと知っていたので、参加するのはすごく楽しみでした。途中からは拡声器を手放さず、ずっとラッセラーラッセラーと叫ばせてもらっていました」と話すと、集まった市民からは拍手が湧き起こっていました。
「先輩が一杯いる中で良い刺激をもらいつつ、個人としてもFWなのでゴールという形でチームに貢献して、サポーターの皆さんを喜ばせることができたらいいなと思っています。自分はスピードが他の選手よりもあると思うので、スピードを活かしてどんどんかき回して、あとは美味しいところで決められればと思います」



JFLセカンドステージ第4節までを終えてまだ白星がなく、中断期間明けからの巻き返しを図るラインメール青森。このあと2試合をアウェイで戦った後、ホームで3連戦が行われます。ラインメールカフェ、そして試合会場へ、皆さんぜひおいで下さい!

第7節 9月9日(日)13:00~ vsヴェルスパ大分 @新青森県総合運動公園球技場
第8節 9月16日(日)13:00~ vsコバルト―レ女川 @むつ運動公園陸上競技場
第9節 9月24日(月)13:00~ vsFCマルヤス岡崎 @新青森県総合運動公園球技場

BACK NUMBER


  • AOMORI GOAL VOL.68

  • AOMORI GOAL VOL.67

  • AOMORI GOAL VOL.66

  • AOMORI GOAL VOL.65

  • AOMORI GOAL VOL.64

  • AOMORI GOAL VOL.63

  • AOMORI GOAL VOL.62

  • AOMORI GOAL VOL.61

  • AOMORI GOAL VOL.60

  • AOMORI GOAL VOL.59