MENU

メニューを閉じる
TOP
年間購読の
ご案内
ご購入
バックナンバー
取り扱い書店
大会情報
大会情報
> 一覧ページ > 1種(社会人) > 1種(大学・高専) > 2種(高校生) > 3種(中学生) > 4種(小学生) > 女子 > キッズ > フットサル > イベント(協会・その他)
コラム
> ウェブ掲載コラム > 大学サッカー通信 > フリースタイル
関連リンク
編集部
お問合せ

NEWS&TOPICS

NEWS&TOPICS

10月25日発売の最新号「AOMORI GOAL VOL.54」から、JFLラインメール青森FC GK横山卓司選手・MF小栗和也選手の記事を紹介!

2018年10月31日
青森県からJリーグへ
JFL ラインメール青森FC

Players Navi 選手の素顔に迫る‼
No.31 GK
横山 卓司

よこやま たくじ
出身:福島県
経歴:富岡高校→新潟医療福祉大学→グルージャ盛岡

No.21 MF
小栗 和也

おぐり かずや
出身:北海道
経歴:北海道大谷室蘭高校→城西国際大学


加入2年目の今季、ここまで全試合に出場しているGK横山卓司選手とMF小栗和也選手。
それぞれポジションも年齢も出身地も違い、一見共通点がなさそうに見えますが、実はプライベートでは仲が良いという二人。現在発売中の青森ゴールVOL.54では、今季ここまでの振り返り、お互いについて、ファン・サポーターへのメッセージなどをお聞きしました。ぜひご覧ください!

ここからは誌面未掲載インタビューをお届けします!


-二人ともプロフィールを見ると、座右の銘、好きな言葉として【魂/たましい】という言葉を挙げています。どのようにその【魂/たましい】を見せたいと思っていますか?

横山 自分はキーパーなので、とにかくゴールを割らせないということ。ほんの少しの球際だったり、止める・止めないのところで魂を見せることで、少しでも相手にプレッシャーを与えて(シュートを)外させたり、止めることができたりするようになれるかなと思っています。
小栗 僕は去年、(現在ヴァンラーレ八戸FC在籍の)秋吉(泰佑)くんと仲が良くて、あの人がずっと『魂込めてやらなきゃだめだ』って言っていたんです。『一試合一試合、一瞬一瞬、常に魂持ってやれ』って。それに影響されたのかなと思います。

-チームは2020年のJ3参入を目指していますが、観客動員の面で追いついていないという現状があります。それについては選手としてはどのように感じていますか?
(※J3参入条件は1試合平均の入場者数が2000人以上。ラインメール青森の今季ここまでのホームゲーム入場者数は1試合平均500人を下回っている)

横山 もっともっと選手としてもやれることはあると思います。チームとも話し合って、もっとメディアに出るなど、どうすれば(観客が)増えていくかということを、営業の人だけでなくチームとしても会社としても考えてやっていかなければいけないかなと思います。
小栗 J3のライセンスを持っているチームとの対戦でアウェイに行くと、観客数も2000人以上で、スタジアムの雰囲気もすごくて気持ちも高ぶります。青森のホーム戦でもこういう環境ができたらなと思います。そのためには順位を上げることもそうだし、営業の面でもフロントと選手、全体が同じ方向に向いて行かないといけないなと思っています。

----------------

このように選手たちも、観客動員数を増やすため自分たちに何ができるかを真剣に考えています。
そこでラインメール青森をより多くの市民に知ってもらうため、新たに始まった取り組みがラインメールカフェです。

関連記事:青森市役所駅前庁舎にラインメールカフェが期間限定でオープン!
https://aomori-goal.com/info/?sc=180821_175150&ct=0001
ラインメールカフェでは選手も交代で店頭に立ち、接客やチラシ配りなど、広報活動や市民との交流に積極的に取り組んでいます。
10月18日(木)、青森ゴールでは横山選手と小栗選手のコンビが登場したこの日の様子を取材させてもらいました。
チラシを手にPRする小栗選手。
カフェ内ではゆっくり飲食を楽しみながら、選手紹介の展示や今季の試合映像を見ることができます。
焼き菓子を運ぶ横山選手。
時にはこうして選手自ら、お客様が注文した品物を席まで運んでくれることも!
チーム・選手をより身近に感じられるラインメールカフェ。
11月2日(金)までの開催となっていますので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

青森市役所駅前庁舎1階(アウガ1階) 駅前スクエア
9:00~18:00
※選手の参加は1日(木)まで。参加スケジュールについてはラインメール青森のHP、SNS等でご確認下さい。
http://reinmeer-aomori.jp/


来たる11月3日(土)はホーム最終戦ということで、様々な催しも予定されています。ぜひ試合会場へお越しください!

10:45~(受付10:15~)
なでしこジャパン川澄奈穂美選手による、小・中学生を対象とした女子サッカースクール
 @青森県総合運動公園補助陸上競技場

13:00~ 
JFLセカンドステージ第13節 ラインメール青森vsヴィアティン三重
 @青森県総合運動公園陸上競技場




★青森ゴールは青森県内の書店、スポーツ店、ユニバース全店で購入できます。
県外にお住まいの方やバックナンバーをお求めの方は、青森ゴールHPから購入できますのでぜひご覧ください。
http://www.aomori-goal.com/buy/

★デジタルマガジン/クレジット決済をご希望の方は、こちらから購入してください。
雑誌のオンライン書店「富士山マガジンサービス」
http://www.fujisan.co.jp/product/1281691519/

★最新号の青森ゴールVOL.54(紙媒体/デジタルマガジン)の内容はこちらからご覧になれます。
https://aomori-goal.com/nowonsale/

★デジタルマガジン
「AOMORI GOAL」デジタルマガジンは、雑誌では載せきれなかった写真をフォトギャラリーとして掲載しています。ぜひお買い求めください!

★クレジット決済のご案内
「AOMORI GOAL」雑誌、デジタルマガジンは
県外の方やお近くに販売店がない方はインターネットから購入することができます。その際、クレジット決済することも可能です。

BACK NUMBER


  • AOMORI GOAL VOL.53

  • AOMORI GOAL VOL.52

  • AOMORI GOAL VOL.51

  • AOMORI GOAL VOL.50

  • AOMORI GOAL VOL.49

  • AOMORI GOAL VOL.48

  • AOMORI GOAL VOL.47

  • AOMORI GOAL VOL.46

  • AOMORI GOAL VOL.45

  • 【完全保存版】2冠達成記念号 青森山田高校サッカー部2016

  • AOMORI GOAL VOL.44

  • AOMORI GOAL VOL.43

  • AOMORI GOAL VOL-42

  • AOMORI GOAL VOL-41

  • AOMORI GOAL VOL-40

  • AOMORI GOAL VOL-39

  • AOMORI GOAL VOL-38

  • AOMORI GOAL VOL-37

  • AOMORI GOAL VOL-36

  • AOMORI GOAL VOL-35

  • AOMORI GOAL VOL-34

  • AOMORI GOAL VOL-33

  • AOMORI GOAL VOL-32

  • AOMORI GOAL VOL-31

  • AOMORI GOAL VOL-30

  • AOMORI GOAL VOL-29

  • AOMORI GOAL VOL-28

  • AOMORI GOAL VOL-27

  • AOMORI GOAL VOL-26

  • AOMORI GOAL VOL-25

  • AOMORI GOAL VOL-24

  • AOMORI GOAL vol-23

  • AOMORI GOAL vol-22

  • AOMORI GOAL vol-21

  • AOMORI GOAL Vol.20
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.19

  • AOMORI GOAL Vol.18

  • AOMORI GOAL Vol.17

  • AOMORI GOAL Vol.16

  • AOMORI GOAL Vol.15

  • AOMORI GOAL Vol.14
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.13

  • AOMORI GOAL Vol.12
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.11

  • AOMORI GOAL Vol.10

  • AOMORI GOAL Vol.09

  • AOMORI GOAL Vol.08
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.07
    在庫なし

  • AOMORI GOAL Vol.06

  • AOMORI GOAL Vol.05

  • AOMORI GOAL Vol.04

  • AOMORI GOAL Vol.03

  • AOMORI GOAL Vol.02

  • 青森ゴール創刊号 Vol.01

  • 創刊準備特別号