MENU

メニューを閉じる
TOP
年間購読の
ご案内
ご購入
バックナンバー
取り扱い書店
大会情報
大会情報
> 一覧ページ > 1種(社会人) > 1種(大学・高専) > 2種(高校生) > 3種(中学生) > 4種(小学生) > 女子 > キッズ > フットサル > イベント(協会・その他)
コラム
> ウェブ掲載コラム > 大学サッカー通信 > フリースタイル
関連リンク
編集部
お問合せ

NEWS&TOPICS

NEWS&TOPICS

青森県女子サッカー選手権春季大会 決勝戦結果

2017年05月14日
決勝戦

SHRINE.L.FC  0-1  八戸学院大学



 2年連続となるSHRINE.L.FCと八戸学院大学の対戦となった決勝戦。開始からロングボールを中心に相手ディフェンスラインの裏を狙う八戸学院大学は、前半24分に左サイドを抜け出したMF⑨續橋琴菜のクロスにゴール前フリーで走り込んだFW⑩高畠早奈恵がダイレクトで合わせ、先制に成功。1-0で前半を折り返す。
 後半、粘り強い守備から反撃を試みるSHRINEは、後半22分に左サイドMF⑧小山内あかりのクロスをゴール前フリーでMF⑩福士優梨香が受けるが、シュートはゴール枠を外れ、決定的なチャンスを逃す。
 その後も攻勢を強めるSHRINEだったが、最後までゴールを決めることはできず、八戸学院大学が1-0で勝利し、大会2連覇を達成した。
試合後コメント


八戸学院大学女子サッカー部 監督 畑中孝太

 相手の10番、8番をしっかりケアすること。相手のサッカーをさせないプランだったので、そのプランを含め、前半をリードして終えたことはよかったです。
 ただ、後半に8番からのクロスで10番がGKと1対1になる決定的なピンチを作られているので、リスク管理の部分、チームの完成度としてまだまだ低いと感じました。
 (シュラインは)昨年からメンバーが変わって、中学生が多いというのは聞いていましたが、技術がしっかりしていて、戦術理解度が高いなと思いましたし、試合巧者だなと、毎回思わされます。正直(今日の試合は)危なかったです。自分たちのリズムが作れない、作らせてもらえなかったのはシュラインさんの力だと思います。


SHRINE.L.FC 監督 田澤賢一

 八戸学院大学さんが相手ということで、フィジカルの部分やゲーム全体でも支配されることは想定していました。その中でも自分を含め、選手自身も手応えを感じていたので、そこはよかった部分です。大学生相手でも頑張れるということは証明できた試合だと思います。
 チームとしての足りない部分も今日の試合で見えたので、秋季大会に向けてフィジカルの部分もそうですし、中盤からの攻撃の作り方はしっかりトレーニングして、バリエーションを増やしていきたいです。



3位決定戦

千葉学園高校  4-1  三沢高校




■準決勝の結果はこちら
http://www.aomori-goal.com/info/?sc=170513_152904

■2回戦までの結果はこちら
http://www.aomori-goal.com/info/?sc=170507_180331

BACK NUMBER


  • 2024 青森山田高校 2冠達成記念号

  • AOMORI GOAL VOL85

  • AOMORI GOAL CUP 2023 特別号

  • AOMORIGOAL VOL.84

  • AOMORI GOAL VOL.83

  • AOMORI GOAL VOL.82

  • AOMORI GOAL VOL.81

  • AOMORI GOAL VOL.80

  • AOMORI GOAL.VOL.79

  • AOMORI GOAL VOL.78