MENU

メニューを閉じる
TOP
年間購読の
ご案内
ご購入
バックナンバー
取り扱い書店
大会情報
大会情報
> 一覧ページ > 1種(社会人) > 1種(大学・高専) > 2種(高校生) > 3種(中学生) > 4種(小学生) > 女子 > キッズ > フットサル > イベント(協会・その他)
コラム
> ウェブ掲載コラム > 大学サッカー通信 > フリースタイル
関連リンク
編集部
お問合せ

大会情報

1種(社会人)

イタチカ八戸選手コメントNo11~15「全国の経験を今後の糧に」

2020年02月23日
イタチカ八戸選手コメント「全国の経験を今後の糧に」

 SuperSports XEBIO 第20回F地域チャンピオンズリーグに出場し、予選リーグ白星なしで初の全国大会を終えたイタチカ八戸。
 全国大会前、今大会3位になったゾット早稲田FCを八戸に招待し、トレーニングマッチを行い、互角な試合展開を見せ自信を手に入れて本戦へ臨んだ。
 しかし、本戦ではイタチカ八戸の持ち味を上手く出せないくらい、一段も二段もギアの上がった各地域の代表チームとの差を体感した。
 大会を終えて、トレーニングマッチでは味わえない経験をした今、選手一人一人が思う事は色々とあるだろう。
 5つの質問(①大会の総評、②個人の課題、③チームの課題、④良かった事(通用した部分など)、⑤これからの目標)を選手全員に答えて頂いたので、紹介します。

背番号順に紹介。
No11 清水 浩介(シミズ コウスケ)

ポジション:FIXO/ALA

① 大会の総評
東北リーグではラスト10分から相手を上回る走力で勝ち切るのがチームスタイルだったが今回は逆。
相手のフィジカルだけでなく、メンタルや環境も含めて想像以上の差を感じた大会になりました。

② 個人の課題
大会に向けての準備も含めて、全てが初めての経験だったので余裕が無かった。
その分、チームに迷惑を掛けてしまい、プレーでも何も貢献することが出来なかったので、今回の経験を活かして選手としてもチームの代表者としても余裕を持てる人間になりたい。

③ チームの課題
課題を挙げればキリがない。
イタチカは選手を大幅に入れ替えるチームではないので、次の階段を踏むまでには時間が掛かる。
その長い時間を我慢出来るかが鍵。

④ 良かった事(通用した部分など)
点差が離れても誰も諦める選手はいなかったし、試合中は打開する為に良い意味でチームスタイルを変えたので、これから先も成長出来ると感じた。

⑤ これからの目標
全国に出場する為ではなく全国で勝ちたい。
その為には新しいことを取り入れたり、今までよりも継続以上のことを続けていかなければならないので、チームのバランスを見て年間を通して出来ることは全力で頑張りたい。
No12 田端 雄太(タバタ ユウタ)

ポジション:GOLEIRO

① 大会の総評
ゴレイロのレベルがどのチームも安定していて高いと感じた。

② 個人の課題
フットサルをもっと勉強する
ゴレイロとして技術や判断を正確にできるようにする。

③ チームの課題
チームとしての戦い方をしっかりと身につける。

④ 良かった事(通用した部分など)
ディフェンス面で体を張って守れていた。

⑤ これからの目標
東北リーグを優勝して、全国に挑戦する。
No13 太田 成樹(オオタ ナルキ)

ポジション:ALA

① 大会の総評
想像以上に東北と全国の差を感じました。もっと練習し、フットサルを学びチームの力になりたいと思いました。

② 個人の課題
しっかりフットサルを学ぶこと

③ チームの課題
守備、決定力

④ 良かった事(通用した部分など)
攻撃でシュートまで行けたこと

⑤ これからの目標
東北で優勝し、全国でまずは一勝すること
No14 細越 勝恭(ホソゴエ カツユキ)

ポジション:ALA

① 大会の総評
チームの戦術や連携、個人の技術やフィジカルの強さなど、全国のレベルは数段階上でまだまだ未熟なんだなと感じました。

② 個人の課題
フィジカル、スタミナなど体を鍛える部分が課題だと思います。さらに、戦術の理解度である頭で考える部分はもっと鍛えないと通用していませんでした。

③ チームの課題
試合の流れが悪いときに集中が切れて連続失点していたので、そこでの集中力が課題です。

④ 良かった事(通用した部分など)
みんなが繋いでくれてただ流し込むだけの状況でしたが、全国大会で得点を決めれたことは大きな自信になりました。

⑤ これからの目標
まずは、同じ舞台に立てるように東北リーグでの優勝です。次に、今回は三連敗と悔しい結果だったので、全国大会で一勝すること。さらに、決勝トーナメント出場と1つ1つ積み重ねて上を目指していきたいです。
No15 田中 迅(タナカ ジン)

ポジション:ALA

① 大会の総評
全国との差がけっこうあったと感じました。3試合やって全敗はものすごく悔しかったです。

② 個人の課題
フィジカル面の強化、パス精度、フリーランの質を高める事です。

③ チームの課題
チームとしての戦い方、戦術を明確にする。

④ 良かった事(通用した部分など)
2人の関係で崩せたこと(ワンツーなど)。ベンチからの声かけが途切れなかったこと。

⑤ これからの目標
チームとしてレベルアップ!

BACK NUMBER


  • AOMORI GOAL VOL.65

  • AOMORI GOAL VOL.64

  • AOMORI GOAL VOL.63

  • AOMORI GOAL VOL.62

  • AOMORI GOAL VOL.61

  • AOMORI GOAL VOL.60

  • AOMORI GOAL VOL.59

  • AOMORI GOAL VOL.58

  • AOMORI GOAL VOL.57

  • AOMORI GOAL VOL.56