MENU

メニューを閉じる
TOP
年間購読の
ご案内
ご購入
バックナンバー
取り扱い書店
大会情報
大会情報
> 一覧ページ > 1種(社会人) > 1種(大学・高専) > 2種(高校生) > 3種(中学生) > 4種(小学生) > 女子 > キッズ > フットサル > イベント(協会・その他)
コラム
> ウェブ掲載コラム > 大学サッカー通信 > フリースタイル
関連リンク
編集部
お問合せ

大会情報

2種(高校生)

青森山田高校セカンド、開幕5連勝!<高円宮杯U-18プリンスリーグ東北第7節>

2022年05月09日
5月8日(日)、高円宮杯U-18プリンスリーグ東北を戦う青森山田高校セカンドは、ホームで帝京安積高校と対戦した。
強風をいかに制するかも鍵となったこの試合。向かい風のなか青森山田セカンドは、30分、DF②小林拓斗のロングスローからMF⑤菅澤凱のゴールで先制する。追い風に乗る帝京安積も幾度となく青森山田陣内へと攻め込み、前半終了間際の45+1分、同点に追いつき1-1で前半を終える。
後半開始時に、一気に3枚の交代カードを切った青森山田セカンドは49分、FW⑭津島巧のゴールでリードを広げる。後半は追い風が味方するかと思われたが、その後はゴールネットを揺らすことができないまま、後半アディショナルタイムに突入。90+2分、途中出場のFW⑨衣袋元喜のゴールで3-1とし、勝利した青森山田セカンドはリーグ唯一の開幕5連勝で首位をキープした。
後半からキャプテンマークを巻いたFW⑪武田陸来(3年生)。チーム最多となる計5本のシュートを放ち、得点こそ成らなかったが、ストライカーとして常にゴールを狙い続ける積極性を見せた。
試合を決定づける3点目をアシストした、後半から出場のMF⑱別府育真。前日にはプレミアリーグデビューも果たしている注目の1年生。
先制弾の菅澤と共に、2試合連続、リーグ通算3点目となるゴールを叩き出したFW⑨衣袋元基(3年生)。山形県の白鷹中から、「厳しい環境でサッカーがしたい」という思いで青森山田高校の門を叩いた。昨季は県リーグ1部でプレー。入学前に想像していた以上のレベルの高さを痛感させられながらも、高い意識を持ち続けて日々の練習に励んでいる。
青森山田に来たことで成長したのは、「前で時間を作って、攻撃の起点になるところです」と話す衣袋。第1節が延期されたため開幕戦となった第2節・モンテディオ山形ユース戦ではキャプテンを務め、チームとしても自身にとっても今季初となるゴールをマークした。しかし、それ以降の4試合では全試合途中出場にとどまっている。
「自分はスタメンで出れていないので、もっとアピールしてプレミアのメンバーにも入りたいと思っています」と話す衣袋は、セカンドチームで結果を出し続け、トップチームのメンバー入りを目指す。


「結構プリンスはアウェイでも風が強い試合を経験しているので、風も計算しながらプレーできている選手も増えてきたかなとは思いますが、難しいですね」と話した松本晃コーチ。
「今回も苦しいゲームでした。昨日プレミアの試合があったので、プレミアの帯同メンバーは疲れもあるかなというところはありました。それでも青森に残ったメンバーとうまく共存させながら、1年生にもいい選手がいるので、結果と一緒に彼らの出場時間も確保できたのは良かったのかなと思います」と試合を振り返り、次節に向けて、「コンディションを整えながら、もっともっと走れるようなチームになっていかないといけない。積み上げながら頑張ってもらえたらなと思います」と意気込みを語った。


次節、青森山田セカンドは5月14日(土)、アウェイで聖和学園高校と対戦する。また、プレミアリーグEASTを戦う青森山田のトップチームは翌15日(日)、ホームで横浜FCユースと対戦。セカンドは連勝を伸ばせるか、3連敗中のトップは次こそ勝利を手にできるか、注目が集まる。

BACK NUMBER


  • AOMORI GOAL VOL.73

  • AOMORI GOAL 【3冠達成記念号】2022/1/29 発売

  • AOMORI GOAL 【AOMORI GOAL CUP 2021 総集編】

  • AOMORI GOAL VOL.72

  • AOMORI GOAL VOL.71

  • AOMORI GOAL VOL.70

  • AOMORI GOAL VOL.69

  • AOMORI GOAL VOL.68

  • AOMORI GOAL VOL.67

  • AOMORI GOAL VOL.66