MENU

メニューを閉じる
TOP
年間購読の
ご案内
ご購入
バックナンバー
取り扱い書店
大会情報
大会情報
> 一覧ページ > 1種(社会人) > 1種(大学・高専) > 2種(高校生) > 3種(中学生) > 4種(小学生) > 女子 > キッズ > フットサル > イベント(協会・その他)
コラム
> ウェブ掲載コラム > 大学サッカー通信 > フリースタイル
関連リンク
編集部
お問合せ

大会情報

2種(高校生)

青森山田高校、ベスト4進出ならず

2023年01月04日
1月4日(水)、等々力陸上競技場にて第101回全国高校サッカー選手権大会準々決勝が行われ、青森山田高校は神村学園(鹿児島県代表)と対戦した。
 
 青森山田は、先制点を今シーズン初ゴールとなる➅MF中山竜之介が奪って1-0で前半を終了するも、56分に失点し同点に追いつかれると、60分には逆転ゴールを許してしまう。選手を入れ替えながら、最後までゴールを目指した青森山田だったが、ゴールネットを揺らすことができず1-2で敗戦。キャプテンの⑤多久島良紀は試合後「全て自分の責任だと思っている。点を取ってからの試合運びが1年を通しての課題だったのに、最後まで克服できていなかった」と悔しさを滲ませた。青森山田はベスト4進出ならず、ベスト8で大会を終えた。
正木昌宣監督
「今日の試合に関しては、お互いの特徴を出せた気持ちのこもった試合だったと思います。決めるべくところで決めたチームと、そこを決めきれず我慢できなかったという一瞬が、勝敗を分けたかなと思います。選手たちは持っている力を出し切ってくれましたし、悔いもないですが、優勝して黒田総監督を送り出したかったです。
 来年はメンバーも大幅に変わりますが、その中でも、青森山田が今まで築き上げてきた伝統をしっかりと受け継ぎながらも、今いる1・2年生でできるサッカーをしっかり構築して全国の舞台で活躍したいと思っています」
No.10 FW 小湊絆
「ここまで1年間苦労して積み上げたものが、こんなにもあっけなく終わってしまうんだなと実感しています。それもサッカーの一つの醍醐味ですが、儚く終わってしまいました。どこのチームよりも、自分たちが一番苦労してきた自信があります。だからこそ、最後は笑って終わりたかったですが、それが叶わなくなってしまったのが一番悔しいです。
 あんなにもかっこよく見えた金色の10番の文字が、試合を重ねて自分が着るごとに価値が見えなくなってい、自分がつけていてもいい番号なのかな、俺で良かったのかなと思いました。自分には山田の10番は重すぎたのかなと思いますが、正木監督には”そういう10番が大好きだよ”と言ってもらえました。自分自身では足りなかったと思いますが、周りから一言でもそうやって言ってもらえたことが、(松木)玖生さんから10番を受け継いで戦ってきた意味があったのかなと思います。もちろん、黒田総監督にも正木監督にも、俺が10番でチームを勝たせられなくてすいませんと伝えましたが、2人とも”絶対にプロになれよ、今ここで約束しろ”と言ってくれました。この悔しさを一生忘れることはないと思いますし、黒田総監督からも正木監督からも言われた”プロになれ”という言葉と、青森山田の10番を背負って、大学4年間の成長の糧につなげていけたらなと思います」
 
No.6 MF 中山竜之介
「今日は、誰かが点を取って絶対に勝とうと話していました。(ゴールシーンについて)最後、ゴール前で仕事をするということはずっと言われてきたので、言われたことをしっかりあの時間帯で出せたのは本当に良かったです。ちょっと迷いもありましたが、気持ちで決めました。チームとして、点を取った時に守勢になったしまうというのは課題だったので、引かないで前からいくぞと話して後半に入りましたが、やっぱり受ける形が多くなってしまい、相手に決定的なシーンを多く作られてしまったので、本当に自分たちの弱さが出たかなと思います。今年のチームは個がない分、チーム力や団結力でカバーしなければいけないチームだったので、そういうところに磨きをかけてきたつもりでしたが、最後にああいうところで失点してしまったというのは、まだ自分たちが足りなかったと思います。
 神村学園は、注目度が高いチームでしたし、組み合わせが決まる前から対戦したいと思っていました。注目度的にも実力的にも、自分たちより上だと自分は思っていました。この大会が始まる寸前は、目の前の試合のことを考えていましたけど、勝ち進んでいく中でこの対戦が決まったので、絶対に勝ちたいなと思っていました。前評判では、相手の方が勝つんじゃないかと予想が多かったので、絶対に勝ちたいという気持ちでした。
 正木監督からも話がありましたが、今年は日本一プレッシャーのかかるチームで、シーズンの始めはそのプレッシャーに押しつぶされて、うまくいかない時が多かったです。そういう壁に当たった時こそ、チームで乗り切ろうと試行錯誤しながらやってきました。本当に勝ちたかったですが、素晴らしい仲間と出会えましたし、このチームで戦えて良かったです」

BACK NUMBER


  • AOMORI GOAL VOL.78

  • AOMORIGOAL VOL.77

  • AOMORIGOAL VOL.76

  • AOMORI GOAL VOL75

  • AOMORI GOAL VOL.74

  • AOMORI GOAL VOL.73

  • AOMORI GOAL 【3冠達成記念号】2022/1/29 発売

  • AOMORI GOAL 【AOMORI GOAL CUP 2021 総集編】

  • AOMORI GOAL VOL.72

  • AOMORI GOAL VOL.71