MENU

メニューを閉じる
TOP
年間購読の
ご案内
ご購入
バックナンバー
取り扱い書店
大会情報
大会情報
> 一覧ページ > 1種(社会人) > 1種(大学・高専) > 2種(高校生) > 3種(中学生) > 4種(小学生) > 女子 > キッズ > フットサル > イベント(協会・その他)
コラム
> ウェブ掲載コラム > 大学サッカー通信 > フリースタイル
関連リンク
編集部
お問合せ

大会情報

2種(高校生)

八戸学院野辺地西、プリンスリーグ東北プレーオフに挑む

2022年12月15日
第101回全国高校サッカー選手権青森県大会は、青森山田高校が大会26連覇を達成して幕を閉じた。敗れ去ったチームでは3年生が部活動を引退。次のシーズンに向けて新チームが始動している。だが延長戦まで持ち込み王者を最後まで苦しめた、八戸学院野辺地西高校の戦いはまだ終わっていない。

高円宮杯U-18青森県1部リーグで青森山田高校3rdに次ぐ2位となった野辺地西は今週末、福島県のJヴィレッジで開催される高円宮杯U-18プリンスリーグ東北プレーオフ(参入戦)に挑む。
6年連続の同一カードとなった、高校選手権青森県大会決勝。開始10分で先制されるも、後半同点に追いついた野辺地西。しかし1-1で迎えた延長戦後半8分、ついに青森山田に勝ち越しゴールを許し、今年も青森県の歴史を変えることは叶わなかった。

「そのとき僕がゴールの一番近くにいて、『ここまでやってきたのに…!』という気持ちになりました。最後に自分がチームを救えなかったということが本当に悔しいです」と失点時を振り返ったキャプテンのDF③布施颯大。「次こそは自分がチームを救ってやろうと思っています」と、プレーオフに向けて決意を新たにした。
10番を背負ったMF金津力輝は野辺地西での高校生活を振り返り、「山田に勝つということを目標にして入学してくる人も多く、自分もその一人でした。勝てなかったことは悔しいし心残りですが、山田を倒すために努力してきたことは無駄ではなかったので、この学校を選んで良かったと思います」と話した。
「疲れている状態でも正確にプレーすること」を課題として挙げた金津。二連戦、または三連戦となるかもしれないプレーオフでは、選手権後の1か月強でどれだけこの課題を克服できたかも鍵となってくるだろう。


野辺地西の最後の砦、GK①西野春徹。
「全国的に見ても、この身長でスタメンを張っているキーパーというのはなかなかいないので、逆に注目されるというのもあると思います」
GKとしては小柄な、その身長は167㎝。野辺地西に入学した当初は「(その身長でGKは)無理だろう」と言われることも多かったそうだが、西野はそんな周囲の声を跳ね返して守護神の座を掴んだ。そのために今まで、ありとあらゆる努力をしてきたという。
「全部しましたね。身長がないので上での勝負に負けないように、あとは小さいぶん体を大きく見せなきゃいけない。筋トレもしましたし、足腰の強さや、キックの飛距離を出すというところ、色々なところを伸ばせるように自分なりに自主練をやってきました」
青森山田の怒涛の攻撃に一歩も引かず、好セーブを連発しゴールを守り続けた西野。
「自分は、『身長が低いからキーパーはやれない』という人が出てほしくないんです。身長が低くても全国に行けるんだと今日は証明したかったんですが、あと一歩で負けてしまったので…。でも、これだけ低くても戦えるということを全国に知らしめたいと思っています」
選手権で全国に行くことは叶わなかったが、「後輩たちのために絶対プリンスに参入して、いい形で高校サッカーを終えたい」。その願いを叶えるため、強い思いで高校生活最後の大会に臨む。
これまでのプレーオフ挑戦では、初戦で勝利しながらも2戦目で敗れ、プリンスリーグ参入を成し遂げられず県リーグにとどまっていた野辺地西。青森山田に追いつき、追い越すためにも、上位リーグに戦いの舞台を移すことは野辺地西にとって何としても成し遂げたい重要なステップだ。

今度こそ歴史を変えられるか。
プレーオフ1回戦、野辺地西は12月17日(土)11時より、学法石川(福島県)と対戦する。


大会について詳細はこちら(東北サッカー協会)
http://tohoku-fa.jp/score/2022/prince2022_playoff/


関連記事
■第101回全国高校サッカー選手権大会青森県大会〈決勝戦 結果〉
https://aomori-goal.com/category/?sc=221106_193630&ct=0003

■「AOMORI GOAL VOL.76」から第一特集の「青森県高校総体」で準優勝の八戸学院野辺地西高校を紹介!
https://aomori-goal.com/info/?sc=220708_154302&ct=0001


----------------------------------
「AOMORI GOAL」は青森県内の書店、スポーツ店、青森市/五所川原市/つがる市/七戸町内のローソン、ユニバース全店で好評発売中です!

青森ゴールHPからもご購入いただけますのでぜひご覧ください。
http://www.aomori-goal.com/buy/

★カード決済、キャリア決済が可能な、AOMORI GOAL ーオフィシャルショップー
バックナンバーを含めた全ての雑誌、記念号、グッズなどをお買い求めいただけます。
カード決済、キャリア決済、コンビニ決済、Amazon Pay、PayPalと様々な決済ができます!
https://aomorigoal.official.ec
#青森ゴール

デジタルマガジン/クレジット決済をご希望の方は、こちらからご購入いただけます。
雑誌のオンライン書店「富士山マガジンサービス」
https://www.fujisan.co.jp/product/1281691519/

最新号の内容はこちら↓
https://aomori-goal.com/nowonsale/

BACK NUMBER


  • AOMORI GOAL VOL.78

  • AOMORIGOAL VOL.77

  • AOMORIGOAL VOL.76

  • AOMORI GOAL VOL75

  • AOMORI GOAL VOL.74

  • AOMORI GOAL VOL.73

  • AOMORI GOAL 【3冠達成記念号】2022/1/29 発売

  • AOMORI GOAL 【AOMORI GOAL CUP 2021 総集編】

  • AOMORI GOAL VOL.72

  • AOMORI GOAL VOL.71