MENU

メニューを閉じる
TOP
年間購読の
ご案内
ご購入
バックナンバー
取り扱い書店
大会情報
大会情報
> 一覧ページ > 1種(社会人) > 1種(大学・高専) > 2種(高校生) > 3種(中学生) > 4種(小学生) > 女子 > キッズ > フットサル > イベント(協会・その他)
コラム
> ウェブ掲載コラム > 大学サッカー通信 > フリースタイル
関連リンク
編集部
お問合せ

NEWS&TOPICS

NEWS&TOPICS

2月25日に発売した最新号「AOMORI GOAL VOL.80」。第一特集の「県出身者が挑んだ全国大会HERO’s STORY」のノースアジア大学明桜高校の2人を紹介!

2023年03月03日
2月25日に発売した最新号「AOMORI GOAL VOL.80」。第一特集の「県出身者が挑んだ全国大会HERO’s STORY」のノースアジア大学明桜高校の2人を紹介!


No.2 DF 吉崎 塁

3年生 青森市出身
前所属:青森FC→青森FCジュニアユース




親や周りの人たちへの感謝を忘れずに挑んだ選手権の舞台
ここで得た経験を今後に生かす


2大会ぶりに「第101回全国高等学校サッカー選手権大会」に出場したノースアジア大学明桜高校だったが、初戦で飯塚高校に0ー1で惜敗。過去4回の挑戦に続き、またも初戦の壁を超えることはできなかった。
 3バックの一角としてフル出場を果たした、青森FC出身の吉崎塁。やりきった様子で「サッカーは高校で終わりです」と話す吉崎に、選手権、そして高校生活について振り返ってもらった。

初戦敗退で終えた選手権。改めて大会を振り返り、感想をお願いします。
 やはりレベルが高くて、自分の技術が足りなかったというのが、大会を通して思ったことです。足元の技術が特に足りなかったので、その為の練習をもっと行い、戦術理解度を高めて、相手に合わせてサッカーができるようなサッカーIQをもっとつけていればと思いました。

最後の大会となりましたが、どのような思いでこの大会に挑みましたか?
 2年生の時に県予選で負けてしまって、その時の悔しさは、自分で借りを返したと思っています。しかし、1年生の時に全国大会に行ったもののベンチで試合に出られなくて、悔しい思いをしました。その時の3年生の分の仇という思いもあったので、勝ちたい気持ちは強かったです。

明桜高校で過ごした3年間を振り返って感想をお願いします。
 本当に早くて一瞬でした。楽しいことも多くて、でも練習は厳しかったです。その時に周りにいたのは寮生で、みんなで助け合いながら過ごして、とても良い3年間を過ごしました。

その経験を大学生活にどう生かしていきますか?
 明桜高校では人間性に関して強く言われていて、人と人との繋がりも重要視していましたので、そういうところを大学、社会に出てからも大事にしていけるようにしたいと思います。
 
(続く)








No.1 GK 川村 晃生

2年生 青森市出身
前所属:青森FC→青森FCジュニアユース




「全国に出るチームではなくて、全国で勝てるチームを目指す」
全国のレベルを知った川村は決意を新たに最後の年に懸ける


2年生ながら選手権の舞台に立ち、正ゴールキーパーとしてゴールを守った川村晃生。吉崎と共に初戦の飯塚高校戦でフル出場を果たしたが、惜しくも敗戦となった。全国の舞台を経験し、「全国で勝てるチームを目指す」と話す川村に、大会の振り返り、そして来年度について聞いた。

初戦敗退となった選手権。改めて大会を振り返り、感想をお願いします。
 全体的に何もやらせてもらえなかったというのが正直な感想です。フィジカルに関しても、技術や走力に関しても、全てにおいて全国のレベルに自分たちが達していなかったというのを痛感しました。その中でも守備の面では、枠内シュートが失点した1本だけだったので、全国のレベルでは通用するのではないかと感じました。ただ、攻撃の面では、昨シーズン通してのチームの課題でもあったゴール前の質が、まだまだだなと実感しました。

来年度に向けて新たな課題は見つかりましたか?
 チームとして、今までは全国大会に出場することを目標にしていましたが、やはりそれでは全国では勝てないということに気付いたので、今シーズンは全国で勝てるチームを目指して、練習に取り組んでいるところです。

選手権を経験して、川村選手自身の心境の変化はありましたか?
 青森県内では、結構高いレベルで自分たちはやれていたのかなと感じていましたが、今回、初めて全国大会に出場して、全国にはもっと上手い選手がいて、自分のレベルはまだ不十分だと感じました。

今回で得た経験を来年度にどう生かしていきますか?
 全国大会を経験したのは、メンバーに入った自分たちだけなので、自分たちがあの時の悔しさを絶対に忘れないようにチームで声掛けしていくこと。あとは、参加していない選手たちにも、何が足りなかったかを伝えて、全員の底上げができるようにこれからやっていきたいです。
 
(続く)




誌面では、記事全文、写真、過去の写真などを掲載していますので、ぜひご覧ください!




関連記事はこちら

■「AOMORI GOAL VOL.80」青森県出身の三橋春希、奈良岡健心、葛西淳の青森山田座談会
https://aomori-goal.com/info/?sc=230302_172006&ct=0001

■「AOMORI GOAL VOL.80」青森県出身の小泉佳絃、鈴木将永、谷川勇獅の青森山田座談会
https://aomori-goal.com/info/?sc=230303_103408&ct=0001


2月25日から発売中の最新号「AOMORI GOAL VOL.80」!
青森県内の書店、スポーツ店、青森市/五所川原市/つがる市/七戸町内のローソン、ユニバース全店で購入できます。





★カード決済、キャリア決済が可能な、
AOMORI GOAL ーオフィシャルショップー
バックナンバーを含めた全ての雑誌、記念号、グッズなどをお買い求めできます。
カード決済、キャリア決済、コンビニ決済、Amazon Pay、PayPalと様々な決済ができます!
https://aomorigoal.official.ec

★青森ゴールは青森県内の書店、スポーツ店、ユニバース全店で購入できます。県外にお住まいの方やバックナンバーをお求めの方は、青森ゴールHPから購入できますのでぜひご覧ください。
http://www.aomori-goal.com/buy/

★デジタルマガジン
「AOMORI GOAL」デジタルマガジンは、雑誌では載せきれなかった写真をフォトギャラリーとして掲載しています。ぜひお買い求めください!
雑誌のオンライン書店「富士山マガジンサービス」
http://www.fujisan.co.jp/product/1281691519/

★デジタルマガジン/クレジット決済をご希望の方は、こちらから購入してください。
雑誌のオンライン書店「富士山マガジンサービス」
http://www.fujisan.co.jp/product/1281691519/

最新号の内容はこちら↓
https://aomori-goal.com/nowonsale/

BACK NUMBER


  • AOMORI GOAL CUP 2023 特別号

  • AOMORIGOAL VOL.84

  • AOMORI GOAL VOL.83

  • AOMORI GOAL VOL.82

  • AOMORI GOAL VOL.81

  • AOMORI GOAL VOL.80

  • AOMORI GOAL.VOL.79

  • AOMORI GOAL VOL.78

  • AOMORIGOAL VOL.77

  • AOMORIGOAL VOL.76