MENU

メニューを閉じる
TOP
年間購読の
ご案内
ご購入
バックナンバー
取り扱い書店
大会情報
大会情報
> 一覧ページ > 1種(社会人) > 1種(大学・高専) > 2種(高校生) > 3種(中学生) > 4種(小学生) > 女子 > キッズ > フットサル > イベント(協会・その他)
コラム
> ウェブ掲載コラム > 大学サッカー通信 > フリースタイル
関連リンク
編集部
お問合せ

大会情報

1種(社会人)

ラインメール青森、ホーム4連戦は黒星スタート <JFL第15節>

2023年07月11日
7月9日(日)、ラインメール青森はホームの新青森県総合運動公園球技場にHonda FCを迎え、JFL第15節を戦った。

試合前には青森菱友会囃子方によるねぶた囃子の演奏が披露された。ラインメールのホームゲームでは選手入場時のBGMとして録音を使用しているが、今回は生演奏。詰めかけた観客は祭り本番よりも一足早くねぶた祭りの雰囲気を味わった。
Honda FCのサポーターは砂森和也選手(J3長野パルセイロ)への熱いメッセージを横断幕に記した。
先日、家族の看病のため選手活動休止を発表した砂森選手は、2013年から3シーズンにわたりHonda FCでプレーしていた。
ラインメール青森のベンチには23番のユニフォーム。右膝前十字靭帯損傷により全治9ヶ月と発表されたFW阿部要門選手のものだ。
怪我で昨シーズンを棒に振り、ようやく復活した矢先の大怪我。彼の思いと共にラインメールは戦う。
試合開始からわずか3分、早くも試合が動く。ペナルティエリア外から左足一閃、FW22齋藤来飛のシュートがゴールに突き刺さり、ラインメールが先制する。
このままラインメールが勢いに乗るかに思われたが、その後状況は一変。21分に同点とされると、さらに34分、44分と立て続けに失点。今季初の3失点を許し1-3で前半を終える。
「リズムを変えるためには、何かを変えなくてはいけない。少し攻撃的な選手を入れ、守備のところは多少目をつぶっても点を取りに行きたいというメッセージを伝えた」(柴田峡監督)

1-3で迎えた後半。一挙に3人を代え、より攻撃に重点を置き反撃を試みるラインメール。前半に比べ厚みのある攻撃で相手ゴールに迫るも、決めきることができないまま時間は過ぎ、迎えた83分。FW10船山貴之のコーナーキックに頭で合わせたのは、GK17廣末陸だった。
「2点差はなかなかひっくり返せるものではないので、勝点3を取ることを考えたときに、残り10分にはせめて1点取っておかないと難しい」と考え、指示されたのではなく自分の判断でゴール前に上がったという廣末。
「僕が上がることで相手は1枚足りなくなる。僕はフリーなので、チャンスになるならと。いいボールが来たのでただ入れるだけでした」

降り続く雨の中、その後もラインメールは何としても同点に追いつこうとゴールを狙い続けたが、力及ばす2-3で試合終了。今季ここまで4戦無敗だったホームで初の黒星となった。
ラインメールの攻撃を封じたHonda FCのセンターバック、DF4八戸雄太は青森山田高校出身。セットプレーの場面では3学年下の廣末と競り合う場面も見られた。
「前期の最終節ということで一つの区切りであり、それからホーム4連戦の初戦ということで、次につなげていくために非常に重要なゲームでした」と柴田峡監督。
「どこのチームも勝点が詰まっているなかで(獲得する勝点が)0か、1か、3かによって大きく順位は変わってくるわけで、連勝しなくては上に行けない。Honda FCはここまで2連勝、4月から8試合負けなしの状態で来ていて、リーグの中でもリスペクト出来るぐらい個人の力があるとわかっていたゲームでした。見事にその差が、最後のクオリティーの差が出てしまったなと。すべての失点について、してはいけない失点だったと思います。ここまで8失点で来ていたのが、今季最多失点。少し選手の中には甘さが出ていたかなと今日前半をやってみて感じました」

前半の失点が響き敗れはしたが、後半の攻撃には指揮官も手応えを感じていた。
「これくらいのクオリティーで相手のゴールに向かっていれば、選手たちがこれを体感できていれば、『Honda戦の後半はできたよね』ということは彼らにとって良い経験になるのではないかと、ピッチから出てくる熱みたいなものを感じることができた。そういう意味では、そんなに悲観はしていません。結局はキーパーが点を取ったとはいっても、ゴールに肉薄する場面はたくさんできていました。前半の45分はある意味マイナスのイメージのいい経験だったかもしれないが、後半はプラスの意味でいい経験を積めたのではないかなと感じているので、それを次につなげていくことが重要かなと思います」

この結果、順位は変わらず7位。一方、勝点3を得たHonda FCは一気に首位に躍り出た。
後半戦で巻き返しを図るため、指揮官は現状を冷静に見つめながらチームに変化を求めていく。
「今日の負けをどうとらえていくか。これが今の力だということは私自身にも言わなくてはいけない言葉ですし、選手たちにも試合が終わってから話をしました。14試合終わって勝点が20しか取れていない。14得点、11失点。これが今の力。何をしなければいけないのかということを後期に向けて、それからそのあとの1か月間の中断期間で、しっかりとチームをもう一回作り直し、ブラッシュアップしなくてはいけない」
GKとしては非常に珍しい3シーズン連続得点を記録した廣末陸。
しかし、「結果負けてしまっているので、勝点3につなげられなかったことが一番悔しい」と本人も話したように、2021年第18節でのアディショナルタイムの同点弾、2022年第19節におけるPKでの決勝点とは異なり、得点を勝点に結びつけることはできなかった。

試合を振り返り、「上位Hondaとの試合ということで、僕たち自身本当に最高の準備をして臨んだはずでしたし、今日勝てば昇格圏にも入るかもしれないということで、みんなで話し合って一致団結して準備してきました。今回の試合は完全に力量で負けていたかなと実感した試合でもありましたけど、前半あれだけ相手の形を作られて、前半だけで3失点して。僕たちもやるしかないということで、後半からは自分たちのやりたいサッカーというものができたとは思いますが、なかなか点が取れなかった。もっと点を取れるチャンスも沢山ありましたが、それをものにできないというところはまだまだ自分たちの力不足」と話した廣末。今季初の3失点を喫してしまったことも悔やまれる結果となった。
「いい攻撃からいい守備があって、いい守備からいい攻撃がある。攻守一体というところが一番大事だと思います。そこをまだまだチーム全体として突き詰めていかないといけない」

2点ビハインドで迎えた後半。「このままじゃ終われない」、その思いがチームを突き動かした。
「ホームですし、雨の中お客さんも見に来てくれているわけで、どうしても勝点3を奪いたいという思いが全員にありました。不甲斐ない前半だったので、後半は全員死に物狂いで、1失点2失点関係ないという気持ち、失うものはないという気持ちで後半はやれたかなと思います」

この敗戦の悔しさを、これからのホーム3連戦、リーグ後半戦へとつなげていかなければならない。
「まだまだチーム全体で甘い雰囲気が練習で散見されるので、そういうのを一つひとつ潰していって、もっともっと意識の高い組織となって、結果にこだわるっていうところをもっともっと全員で突き詰めて後半戦を戦っていきたいと思っています」



ラインメール青森 今後の試合日程

第16節 7月15日(土)15:00~ @カクヒログループアスレチックスタジアム
 vs クリアソン新宿

第17節 7月23日(日)15:00~ @新青森県総合運動公園球技場
 vs 高知ユナイテッドSC

第18節 7月30日(日)15:00~ @カクヒログループアスレチックスタジアム
 vs ミネベアミツミFC

--------------------------

AOMORI GOAL公式Instagramでは、HPとは別の写真も掲載!
https://www.instagram.com/aomorigoal.official/?hl=ja


現在発売中のAOMORI GOAL vol.82では、今季全試合に出場しているMF28岩間雄大選手のインタビューを掲載しています。
岩間選手からは読者プレゼントとしてサイン色紙もいただきました。
※vol.82 78ページ記載の応募QRコードに誤りがありましたので、こちらからご応募ください。

https://aomori-goal.com/info/?sc=230704_102739&ct=0001

------------------------

関連記事
■JFLラインメール青森、ホーム4連戦に挑む!
https://aomori-goal.com/info/?sc=230707_121114&ct=0001

■ラインメール青森、後半追いつきホーム無敗続く <JFL第11節>
https://aomori-goal.com/category/?sc=230612_200048&ct=0001

■ラインメール青森、ホーム開幕戦で勝利し4位に浮上 <JFL第7節>
https://aomori-goal.com/category/?sc=230502_190747&ct=0001

■JFLラインメール青森 2023シーズン新体制会見
https://aomori-goal.com/info/?sc=230303_104930&ct=0001

■JFLラインメール青森、2023シーズンの必勝を祈願
https://aomori-goal.com/info/?sc=230123_123528&ct=0001

■J3昇格を目指し、2023シーズンのラインメール青森が始動
https://aomori-goal.com/info/?sc=230118_110937&ct=0001

--------------

★カード決済、キャリア決済が可能な、
AOMORI GOAL ーオフィシャルショップー
バックナンバーを含めた全ての雑誌、記念号、グッズなどをお買い求めいただけます。
カード決済、キャリア決済、コンビニ決済、Amazon Pay、PayPalと様々な決済が可能です!
https://aomorigoal.official.ec

★青森ゴールは青森県内の書店、スポーツ店、ユニバース全店、青森市/五所川原市/つがる市/七戸町内のローソンでご購入いただけます。
県外にお住まいの方やバックナンバーをお求めの方は青森ゴールHPからご購入いただけますので、こちらをご覧ください。
http://www.aomori-goal.com/buy/

★デジタルマガジン
「AOMORI GOAL」デジタルマガジンは、雑誌では載せきれなかった写真をフォトギャラリーとして掲載しています。ぜひお買い求めください!
雑誌のオンライン書店「富士山マガジンサービス」
http://www.fujisan.co.jp/product/1281691519/

★デジタルマガジン/クレジット決済をご希望の方は、こちらからご購入ください。
雑誌のオンライン書店「富士山マガジンサービス」
http://www.fujisan.co.jp/product/1281691519/

最新号の内容はこちら↓
https://aomori-goal.com/nowonsale/

BACK NUMBER


  • AOMORI GOAL VOL.87

  • AOMORI GOAL VOL.86

  • 2024 青森山田高校 2冠達成記念号

  • AOMORI GOAL VOL85

  • AOMORI GOAL CUP 2023 特別号

  • AOMORIGOAL VOL.84

  • AOMORI GOAL VOL.83

  • AOMORI GOAL VOL.82

  • AOMORI GOAL VOL.81

  • AOMORI GOAL VOL.80