MENU

メニューを閉じる
TOP
年間購読の
ご案内
ご購入
バックナンバー
取り扱い書店
大会情報
大会情報
> 一覧ページ > 1種(社会人) > 1種(大学・高専) > 2種(高校生) > 3種(中学生) > 4種(小学生) > 女子 > キッズ > フットサル > イベント(協会・その他)
コラム
> ウェブ掲載コラム > 大学サッカー通信 > フリースタイル
関連リンク
編集部
お問合せ

ウェブ連載コラム

大学サッカー通信

第13回 大学サッカー通信 ~霞恵介(青森山田高校―新潟医療福祉大学サッカー部3年)~

2018年02月08日
第13回 霞恵介(青森山田高校―新潟医療福祉大学サッカー部3年)



.
.



かすみ けいすけ
青森県青森市出身。福田SSSから青森山田中学校に進学し、青森山田高校へ。2年生の時はプリンスリーグ東北に出場。3年時には、プレミアリーグEASTに出場し、レギュラーとしてインターハイ3位に貢献した。

青森ゴールVol.30、Vol.32にインタビュー掲載。


取材/文 安藤隆人

取材日 2017年12月13日(水)
平成29年度 第66回全日本大学サッカー選手権大会
1回戦 新潟医療福祉大学サッカー部 対 常葉大学浜松キャンパス




第66回全日本大学サッカー選手権(インカレ)1回戦。5年ぶり4回目の北信越王者・新潟医療福祉大は、初戦で東海地区3位の常葉大学浜松キャンパスと対戦し、0-2で敗れた。

「僕たちは1年からずっと、ほぼ固定されたメンバーの中でやって来て、チームの形が出来てきた中でのインカレでした。でも、この試合では全員が感じていることだと思うのですが、なにも表現できなかったというのが率直な感想です」。

こう悔しさを口にしたのはボランチの霞恵介。彼は青森県生まれであり、中学時代から青森山田でプレーをしていた。



.
.


新潟医療福祉大は3年前にアルビレックス新潟と提携し、サッカー部の本格強化に乗り出したばかり。元桐光学園監督で中村俊輔などを育て上げた名将・佐熊裕和監督が就任すると、佐熊監督自ら全国の有能な選手をスカウトし始めた。その『第1期生』の一人が霞だった。


.
.


青森山田時代は菊池流帆(大阪体育大)、松木駿之介(慶應義塾大学)らと共にプレーし、チームの攻撃を司る存在だった。常に冷静で周りの状況を見ながら、テンポ良くパスを出して行く霞に、佐熊監督も「彼がリズムを生み出している。素晴らしいセンスを持っている」と絶賛し、獲得に至った。

初めて青森県を飛び出し、新潟での1人暮らしと新天地でのサッカーに、最初は「慣れないことが多くて戸惑った」。しかし、チームメイトの多くが同級生で、1年時から主軸として試合に出続ける日々が、彼から戸惑いを取り除き、チームの中心としての自覚とプレーの成長を促した。

「監督によく言われるのが、『ゲームをコントロールしろ』ということ。縦に素早くボールをつけるときも、遅攻のときも、自分がボールに関わることを意識しています。高校のときより役割が変わっていて、今は少し後ろ目の位置でプレーしています。高校時代は前線と中盤を繋ぐパイプ役だったのですが、今は全体に関わることを求められています」。

チームの攻守の要となった霞率いるチームは、昨年は1、2年主体のチーム編成ながら、夏の総理大臣杯に出場。
初戦では菊池を擁する大阪体育大と対戦し、大接戦を演じた。2−2で迎えた後半アディショナルタイムにCKから菊池に決められて2−3で敗れたが、レベルの高さを全国に示した。

「流帆は相変わらずうるさかったですね(笑)。でも敵に回したら脅威でした。ハイボールも絶対に負けないですし、対人も強くて足が伸びて来る。流帆の方にはパスが出しづらかったです」。


.
.



自分の進化よりもかつてのチームメイトの進化を感じたことで、彼はより意識を高く持って日々の練習に取り組むようになった。その結果、今年は夏こそ総理大臣杯出場を逃してしまったが、北信越大学リーグを制し、北信越王者としてインカレに出場することとなった。

しかし、冒頭で述べたように初戦敗退。「筑波とやりたかった。でも、これが僕らの今の実力だと思います」と語ったように、勝利をすれば前回王者であり、関東王者でもある筑波大との対戦だっただけに、悔しい敗戦となった。

この試合の対戦相手となった常葉大浜松キャンパスには、青森山田の1学年上の先輩であるMF酢﨑祥人がキャプテンとして、霞と同じボランチでプレーしていた。
「酢﨑さんとマッチアップする形になったのですが、あの人のプレースタイルは分かっていたので、僕は酢﨑さんのプレーを観てから判断をしようと思っていた。でもすごく圧力があって、球際が強くて、ボールへの執着心が凄かったです」。

今年は先輩の成長にも大きな刺激を受けた霞は、大学ラストイヤーになる来年に向け、新たな決意を語った。

「去年、総理大臣杯で自信を掴んだにもかかわらず、今日の試合でそこからあまり成長していないなと感じた。関東や関西は北信越と比べると凄く厳しい環境。でも、そのなかで青森山田の卒業生がトップレベルの選手となって引っ張っているのは凄いと思うし、相当な努力があったと思う。だからこそ、僕もそれ以上の努力が必要だと改めて思いました。僕は1年からしっかりと試合に出られる環境を求めてここに来ましたし、凄くいい環境でやらせてもらっていますが、まだそれを活かしきれていない印象は正直あるからこそ、最後の1年は後悔の無いように全力を尽くしたい」。





大学サッカー通信

第1回 中井建太(青森山田高校→慶應義塾大学4年)
http://www.aomori-goal.com/info/?sc=170515_185733

第2回 石井光(青森山田高校→中央大学4年 No.11 )
https://aomori-goal.com/column/?sc=170531_144513&ct=0002

第3回 原山海里(青森山田高校→東京学芸大学2年)
https://aomori-goal.com/column/?sc=170625_160249&ct=0002

第4回 八戸雄太(青森山田高校→桐蔭横浜大学4年)
https://aomori-goal.com/column/?sc=170801_190939&ct=0002

第5回 山下優人(青森山田高校→桐蔭横浜大学3年)
https://aomori-goal.com/column/?sc=170809_151615&ct=0002

第6回 田中雄大(青森山田高校→桐蔭横浜大学4年)
https://aomori-goal.com/column/?sc=170822_132513&ct=0002

第7回 川口大翔(青森山田高校→仙台大学4年)
https://aomori-goal.com/column/?sc=170901_124511&ct=0002

第8回 田名部大希(八戸学院光星高校→八戸学院大学4年)
https://aomori-goal.com/column/?sc=171001_192820&ct=0002

第9回 山田武典(青森山田高校→青山学院大学4年)
https://aomori-goal.com/column/?sc=171031_200014&ct=0002

第10回 菊池流帆(青森山田高校→大阪体育大学3年)
https://aomori-goal.com/column/?sc=171119_141646&ct=0002

第11回 北城俊幸(青森山田高校→慶應義塾大学)× 奥山大(八戸高校→慶應義塾大学)前編
https://aomori-goal.com/column/?sc=171126_062358&ct=0002

第11回 北城俊幸(青森山田高校→慶應義塾大学)× 奥山大(八戸高校→慶應義塾大学)後編
https://aomori-goal.com/column/?sc=171126_064223&ct=0002

第12回 酢﨑祥人(青森山田高校―常葉大学浜松キャンパス4年)
https://aomori-goal.com/column/?sc=180116_183200&ct=0002



★デジタルマガジン
「AOMORI GOAL」デジタルマガジンは、雑誌では載せきれなかった写真をフォトギャラリーとして掲載しています。ぜひお買い求めください!

★クレジット決済のご案内
「AOMORI GOAL」雑誌、デジタルマガジンは
県外の方やお近くに販売店がない方はインターネットから購入することができます。
その際、クレジット決済することも可能です。

■デジタルマガジン/クレジット決済をご希望の方は、こちらから購入してください。
雑誌のオンライン書店「富士山マガジンサービス」
http://www.fujisan.co.jp/product/1281691519/

★読者プレゼント
「AOMORI GOAL VOL.49」12月25日から発売開始!
読者プレゼントも充実しております。年間定期購読の方限定のプレゼントもありますので、
ご応募お待ちしております!2月上旬まで応募可能です!

青森ゴールは青森県内の書店、スポーツ店、ユニバース全店で購入できます。
県外にお住まいの方やバックナンバーをお求めの方は、青森ゴールHPから購入できますのでぜひご覧ください。
http://www.aomori-goal.com/buy/

BACK NUMBER


  • AOMORI GOAL VOL.68

  • AOMORI GOAL VOL.67

  • AOMORI GOAL VOL.66

  • AOMORI GOAL VOL.65

  • AOMORI GOAL VOL.64

  • AOMORI GOAL VOL.63

  • AOMORI GOAL VOL.62

  • AOMORI GOAL VOL.61

  • AOMORI GOAL VOL.60

  • AOMORI GOAL VOL.59