MENU

メニューを閉じる
TOP
年間購読の
ご案内
ご購入
バックナンバー
取り扱い書店
大会情報
大会情報
> 一覧ページ > 1種(社会人) > 1種(大学・高専) > 2種(高校生) > 3種(中学生) > 4種(小学生) > 女子 > キッズ > フットサル > イベント(協会・その他)
コラム
> ウェブ掲載コラム > 大学サッカー通信 > フリースタイル
関連リンク
編集部
お問合せ

ウェブ連載コラム

大学サッカー通信

第16回 大学サッカー通信 ~小笠原学(青森山田高校→早稲田大学4年)~

2018年08月24日
第16回 小笠原学(青森山田高校→早稲田大学ア式蹴球部 4年)

おがさわら がく
東京都出身。横河武蔵野FC Jrユースから青森山田高校に入学。1年時は国体メンバーに選出。3年時にはキャプテンを務め、インターハイ3位入賞を果たした。同大会では優秀選手に選出された。


青森ゴールvol.28、30、32にインタビュー掲載。
青森ゴールvol.27、29、31に写真など関連記事掲載。

取材日 2018年8月11日(土)
東伏見グラウンド




大学入学から苦悩の日々が続いたという小笠原。しかし、今は「サッカー人生で一番楽しい」と笑顔で言い切る彼に、一体何があったのか?今までとこれから、そして夢のこと―
―青森山田高校から早稲田大学へ―

 「早稲田大学には、全国的に有名な選手ばかりいて、こういう中でやりたいなと直感的に思ったから」と早稲田大学への進学を決めた小笠原。試験対策では、練習後に毎日夜遅くまで面接練習をし、夜中まで小論文を1、2本書く。朝早く起きて朝練をこなし、学校で授業を受けるという日々が続いた。「きつかった」努力の甲斐あって、第一志望のスポーツ科学部に無事合格、というわけにはいかなかった。「受かると思っていたのに、まさか落ちてしまって。一応、社会科学部にも出しておくように言われていたので、そちらを受けることになったのですが、試験がプレミアリーグのホームのヴェルディ戦と重なったんです。その試合に出られないとなって・・・。しかも、その試験まで2週間位しかなくて、立ち直るのが大変でした。全部うまくいかなくて、きつかったです」と当時を振り返る。しかし、何とか奮起し、社会科学部に合格。「ランテスト」に合格し、約1ヵ月間の仮入部期間を経て、晴れて早稲田大学ア式蹴球部の一員となった小笠原だったが、ここから苦悩の日々が始まる。




.
「早稲田大学の魅力は、全員が同じところに向かっていること。それはすごいなと思います」。今シーズン、関東大学サッカーリーグ戦1部に返り咲いた早稲田大学は、前期終了時点でリーグ戦1位を独走。後期もこのまま突っ走り、リーグ戦制覇なるか!?



-偽りの3年間-

「大学は、高校時代とは真逆です。高校とは違って、学生が全部決めるので。入部した時、プレーについても何も言われなかったので、逆に自由を与えられて困りました。下級生の時は、それでずっとうまくいかなかったですね」。練習でも、ミスをすると「どうしてそんなプレーになったのか?」と、お互いが踏み込み合う厳しさの中、仲間に打ち明けることができずに戸惑った。入部当初はAチームにいたが、その後はBチームと行ったり来たりした。3年生になっても、出場機会に恵まれなかった。
 早稲田大学では、各学年から選出された1名が「学年リーダー」を務める。3年時に学年リーダーを務めた者が、そのまま4年時にキャプテンに就任するというのが通常の流れだ。3年時に学年リーダーを務めていた小笠原もまた、通常通りキャプテンになる流れであった。しかし、「試合に出ていなかったので、自分の中ですごく葛藤がありました。周りからも、”あいつは試合に出ていないのにキャプテンをやれるのか?”とか”お前たちの学年は大丈夫なのか?”と見られていて。じゃあ、キャプテンになるために試合に出なきゃいけないとなると、自分のプレーじゃなく、チームに求められている偽りの自分になっちゃって。プレーもそうだし、生活から性格から自分を演じていました。それを3年間、ずっとやっていました」。
 葛藤しながらも、「意地みたいになった」と新チームのキャプテンを引き受けた。しかし、いざ試合に出ると、「自分のことで精一杯になって、チームを先頭で引っ張れないと思った」。翌日には4年生全員に集まってもらい、無理だと頭を下げた。「その瞬間、すごく解き放たれて、全部の荷が下りた感じになりました。やりたいようにやっていいんだって。周りの目も気にしなくなった瞬間からプレーもどんどん良くなって、今、試合に出られているという感じです」。
 偽りの自分から脱皮した小笠原は、今がサッカー人生の中で一番楽しく充実しているという。出場機会に恵まれなかった昨シーズンまでとは違い、今シーズンはスタメンに名を連ねるなど、出場機会を増やし続けている。
 4年目にして、初めての早慶戦にも出場した。「夢のような時間でした。自分を客観視して、テレビ画面で自分を見ているような感じでした。試合が終わった瞬間は、全然実感が湧かなかったです」と夢の90分間を振り返った。青森山田高校時代のチームメイトで、現在は慶應義塾大学ソッカー部のキャプテンを務める松木駿之介とのマッチアップも果たした。「松木が1年生で試合に出て躍動している姿を見て、かなり悔しかった。早慶戦に出たいという気持ちよりも、松木とやりたい気持ちが強かった。やっと実現できて、松木には待たせたな、と」。早稲田大学は、早慶戦7連覇を飾った。試合後の集合写真では、満面の笑みで写る小笠原の姿があった。
 周囲からも「変わった!」と言わしめるほどの変貌ぶりを見せる小笠原にとって、今シーズン、異色の経歴を持つ外池大亮監督が就任したことも、大きな影響を与えている。「あんな監督に初めて会いました。考え方や捉え方が違って、活動も”ただやっている”だけではないんです。一つひとつに価値を見出して、その枠をどんどん社会と接合させていくという考え。チームのみんなも生き生きとしていて、それが結果に繋がり自信になる。間違いなく、良いサイクルができています」。




.
「青森山田の選手は、物事に対する本気度が違うと思います。サッカーに対する姿勢、練習前の準備、取り組み、練習後の自主練やケア、食事、睡眠とか。あとは、全てをプラスに捉える!理論上、どういうことがあるのかを踏まえつつ、プラスに変えて取り組むことができれば、大学に来ても戦えると思います。山田の選手はそこが違うと思いますよ」。



―青森山田高校時代―

「青森山田には、本当に色々な人がいました。めちゃくちゃ意識が高くてプロになりたい!という人、サッカーに対して後ろ向きになっている人。色々な地方からも来ていましたし、背景的にも色々な人がいた中で、それぞれの人たちの気持ちに寄り添えたことが、今の自分に活きています」と、高校時代の経験をこう語る。「少しでも寄り添おうとする、一回全部とっぱらって理解しようとしてみる。そうすることで、自分が思っていたのと違ったということが結構あるんですよね。そこの壁をとっぱらってくれたのは、青森山田で色々な人に出会えたから」と話すが、それは、チームをまとめるキャプテンだった故かもしれない。
 小笠原率いるこのチームは、プレミアリーグで苦戦を強いられていた。開幕から4試合勝利なし。5節目でようやく勝利したものの、再び負け試合が続いた。監督と選手たちに、サッカー観のズレがあったと小笠原は言う。「おれたちはこういうサッカーがしたいのに、黒田監督はそれでは勝てないと。最初の頃は、自分たちがやりたいサッカーばかりやっていました。でも、やりたいことをやるんだったら、やらなきゃいけないことがあるよね、ということで繋がったんですよ。インターハイの時あたりで合致しました」。結局みんな勝ちたい ― 辿り着いた答えの先に、インターハイベスト4という結果が待っていた。「お互いがお互いを信じていました。負ける気がしなかった」と、スタッフ・選手一体となったチームは、インターハイを挟んで再開されたプレミアリーグ後期で勝ち続け、降格圏にいたチームは、プレミアリーグ残留を果たした。




.
「チームとしては、全部のタイトルが獲れる可能性があるので、まずは9月の総理大臣杯で夏を獲る!あとは、後期のリーグ戦とインカレです。チームで”タイトル奪還”という目標を掲げているのでそれを成し遂げたいのと、個人の目に見える形では、点を取りたいなって思っています!サイドバックなのに(笑)」


―大学サッカーの魅力とこれからのこと―

 「高校3年生の時の進路は、ほとんどが大学進学になると思うんですけど、大学4年生の時の決断は、プロにいくのか就職するのか?大学院に行くのか?決断が迫られるじゃないですか。大学サッカーは、そこがすごく魅力だなと思います。色々な選択肢があるし、自分で選択しなきゃいけない。自分の道を決める初めての時かなと」と大学サッカーの魅力について語ったが、卒業後はなんと、記者になるのだという。小さい頃から本を読むのは好きだったが、記者になりたかったわけではなく、ずっとプロのサッカー選手を目指していた。就職活動とサッカーを並行し、声が掛かれば、と考えていたが、現実はそんなに甘くないことも知った。就職活動で様々な業界を見て回った。「記者の人たちと会って話してみたら、すごく惹かれちゃって。インターンで、模擬記者会見をやって記事を書くのもめちゃくちゃ面白くて、サッカーの面白さと同等かそれ以上だったんですよ!そうじゃなきゃ、サッカーをやろうと思っていたんです。就職活動をする時、サッカー以上に自分が良いと思えるものがないんだったら、メシが食えなくてもサッカーをやるのが自分の人生にとっていいんじゃないかと思っていました。でも、これはサッカーよりも!って思っちゃって!」と楽しそうに語る。夢は、「拠り所になれる空間を創りたい。今までは、こうしなきゃいけないって思っていたけど、解き放たれた瞬間に、自分が好きなように生きていいんだって思えたんです。色々な目にさらされながら、その義務感に生きて、自分の人生を生きれなくて苦しんでいる人っていっぱいいるんじゃないかなって。自分は、色々な生き方をしている人に取材に行って、こういう生き方をしてもいいんだって読者に届けたい。そこで繋がりたい。自分がそういうコミュニティーや媒体になって、こういう生き方をしていいんだと肯定されるような空間を創りたい、というのが今の段階の考えです」。

 小笠原が、早稲田大学のチームメイトで、来シーズンから名古屋グランパスエイトに加入する相馬勇紀選手について書いた記事がある。また小笠原の書いた記事が読めるのも、そう遠い将来ではないだろう。

「Road to Jリーグ 相馬勇紀は誰にも止められない」
http://www.waseda-afc.jp/diary-men/73458(早稲田大学ア式蹴球部公式サイト ア式日記より)


Road to the future 小笠原学「も」誰にも止められない












.
大学サッカー通信

第1回 中井建太(青森山田高校→慶應義塾大学4年)
http://www.aomori-goal.com/info/?sc=170515_185733

第2回 石井光(青森山田高校→中央大学4年 No.11 )
https://aomori-goal.com/column/?sc=170531_144513&ct=0002

第3回 原山海里(青森山田高校→東京学芸大学2年)
https://aomori-goal.com/column/?sc=170625_160249&ct=0002

第4回 八戸雄太(青森山田高校→桐蔭横浜大学4年)
https://aomori-goal.com/column/?sc=170801_190939&ct=0002

第5回 山下優人(青森山田高校→桐蔭横浜大学3年)
https://aomori-goal.com/column/?sc=170809_151615&ct=0002

第6回 田中雄大(青森山田高校→桐蔭横浜大学4年)
https://aomori-goal.com/column/?sc=170822_132513&ct=0002

第7回 川口大翔(青森山田高校→仙台大学4年)
https://aomori-goal.com/column/?sc=170901_124511&ct=0002

第8回 田名部大希(八戸学院光星高校→八戸学院大学4年)
https://aomori-goal.com/column/?sc=171001_192820&ct=0002

第9回 山田武典(青森山田高校→青山学院大学4年)
https://aomori-goal.com/column/?sc=171031_200014&ct=0002

第10回 菊池流帆(青森山田高校→大阪体育大学3年)
https://aomori-goal.com/column/?sc=171119_141646&ct=0002

第11回 北城俊幸(青森山田高校→慶應義塾大学)× 奥山大(八戸高校→慶應義塾大学)前編
https://aomori-goal.com/column/?sc=171126_062358&ct=0002

第11回 北城俊幸(青森山田高校→慶應義塾大学)× 奥山大(八戸高校→慶應義塾大学)後編
https://aomori-goal.com/column/?sc=171126_064223&ct=0002

第12回 酢﨑祥人(青森山田高校―常葉大学浜松キャンパス4年)
https://aomori-goal.com/column/?sc=180116_183200&ct=0002

第13回 霞恵介(青森山田高校―新潟医療福祉大学サッカー部3年)
https://aomori-goal.com/column/?sc=180208_112939&ct=0002

第14回 中村祥旗(青森山田高校→北陸大学4年)
https://aomori-goal.com/column/?sc=180531_192619&ct=0002


第15回 大学サッカー通信  ~霞恵介 (青森山田高校→新潟医療福祉大学4年)~ 第2弾
https://aomori-goal.com/column/?sc=180710_181409&ct=0002



■最新号の青森ゴールVOL.53(紙媒体/デジタルマガジン)の内容はこちらからご覧になれます。
https://aomori-goal.com/nowonsale/


★デジタルマガジン
「AOMORI GOAL」デジタルマガジンは、雑誌では載せきれなかった写真をフォトギャラリーとして掲載しています。ぜひお買い求めください!


★読者プレゼント
読者プレゼントも充実しております。年間定期購読の方限定のプレゼントもありますので、
ご応募お待ちしております!7月中まで応募可能です!


★クレジット決済のご案内
「AOMORI GOAL」雑誌、デジタルマガジンは
県外の方やお近くに販売店がない方はインターネットから購入することができます。その際、クレジット決済することも可能です。


■デジタルマガジン/クレジット決済をご希望の方は、こちらから購入してください。
雑誌のオンライン書店「富士山マガジンサービス」
http://www.fujisan.co.jp/product/1281691519/


青森ゴールは青森県内の書店、スポーツ店、ユニバース全店で購入できます。
県外にお住まいの方やバックナンバーをお求めの方は、青森ゴールHPから購入できますのでぜひご覧ください。
http://www.aomori-goal.com/buy/

BACK NUMBER


  • AOMORI GOAL VOL.67

  • AOMORI GOAL VOL.66

  • AOMORI GOAL VOL.65

  • AOMORI GOAL VOL.64

  • AOMORI GOAL VOL.63

  • AOMORI GOAL VOL.62

  • AOMORI GOAL VOL.61

  • AOMORI GOAL VOL.60

  • AOMORI GOAL VOL.59

  • AOMORI GOAL VOL.58